斜頸の直し方

前回、斜頸についてお話ししました。
 
 
では、先天性筋性斜頸であった場合、
どんなふうに治療するのでしょう??
 
 
 
まずは
 
斜頸枕!
 
 
 
斜頸が強いと、赤ちゃんは 
上を向いて寝ることがなく、
 
常に同じ方向ばかり向いてしまいます。
 
 
 
赤ちゃんの頭蓋骨は、まだ柔らかいので、
 
下になっている方の頭が
ぺしゃんこになってしまいます(+_+)
 
そうなると、その形のせいで、
ますますそちらに向いてしまう。
 
 
 
その悪循環を断ち切るため
 
タオルを折ったものや、
ドーナツ枕など
 
向いてしまう方の頭の下に入れて
正面を向かせるのですが、
 
 
そう簡単にはいきません。
 
 
身体ごと、向き癖と反対を向かせるように
布団を身体の下に左右の半分入れるとか。
 
 
それでもなかなか難しい・・・(+_+)
 
 
 
その場合、
 
大きなスポンジの塊を、
頭の形に削って
枕を作るんです。
 
これが
 
「斜頸枕」です!
 
 
 
これ、とっても有効です(^^)/
 
 
ちゃんと正面を向いてくれます。
 
 
ただし!
 
 
寝返りするようになったら
脱出してしまうので
 
もう使えません・・・(;^ω^)
 
 
 
 
もう一つの方法として
 
赤ちゃんができるだけ自分で
反対側を向こうとするように、
工夫します。
 
 
 
たとえば、
 
おかあさんなど、家族は、 
向き癖の反対側に寝る!
 
抱っこや 授乳の向きも考える!
 
おもちゃであやすときも、反対側から。
 
 
 
そんなことをしながら 
 
ストレッチもします。
 
 
無理なく
ゆっくり
少しずつ
 
首の向きを誘導します。
 
 
これはちょっと怖いかもしれませんね。
 
 
しっかり専門医の指導の下に
行いましょう!
 
 
3か月頃からは
 
うつ伏せにするのも効果的です。
 
 
うつぶせの時間が増えると
頭の形も改善しやすくなります。
 
 
 
ただし、
 
首がしっかり座るまでは
お母さんの目の届く時だけにしてくださいね!
 
 
次回は、斜頸の影響について
お伝えします。
 
今日も読んでくださって
 
ありがとうございます(*’▽’)
 
 

斜頸

 
前回までに
股関節脱臼・内反足と、
赤ちゃんの時に起きる整形外科疾患について
お話ししてきました。
 
 
もうひとつ、赤ちゃんの時に問題になる
整形外科疾患 と言えば
 
 
斜頸」です。
 
 
斜頸とは、
 
首から頭が、体に対して傾いていて
同じ方向ばかり向いてしまう状態です。
 
 
 
新生児から乳児であれば
 
同じ向きばかりしていることで
頭の形がひずんでしまいます。
 
(3歳くらいまでに、
徐々に改善することが多いです。)
 
 
 
いわゆる「向き癖」との違いは
斜頸は
筋肉の異常である、ということです。
 
 
「先天性筋性斜頸」では
 
 
「胸鎖乳突筋」という筋肉に
(これは左右1対、つまり2本あるのですが)
 
片方だけに筋肉の中にしこりができて
筋肉が伸びにくくなり
 
引っ張られてしまうことで
首の動きが悪くなっています。
 
 
 
右の胸鎖乳突筋にしこりができると
顔は左を向き
首を右に傾けます(あごが左上に上がる感じです。)
 
 
 
この「しこり」
 
生後2~3週で最も大きくなり、
その後1歳半ごろまでに
自然に無くなっていくことが多いのです。
 
 
 
ところが
 
ときに残ってしまい
首の傾き、動きが制限されたままのことがあります。
 
 
 
その場合、
1歳半頃 手術することもあります。
 
 
ただ、実は斜頸にも、いろいろありまして
ときに、首の骨の奇形が原因のことも。
 
乳幼時期以降に目立ってきたとしたら
 
視力の問題であったり
(片方の目が見にくい場合)
麻痺があったり
痛みを伴い、急に首が傾いて、動かせなくなった場合は
炎症の場合もあります。
 
 
環軸椎回旋固定、という疾患だったり
環軸関節の亜脱臼の場合も。
 
 
とにかく、急になった場合は
急いで整形外科に行きましょう!!
 
 
 
次回は斜頸の治療をお伝えします。
 
 
今日も読んでくださって
ありがとうございます!(*^-^*)
 
 

歩く時、なぜ手と足は反対が前に出るの?

【歩く時、なぜ手と足は反対が前に出るの??】
 
 
ちょっと前のブログで
 
ロコモーターとしての下半身と、
パッセンジャーとしての上半身
 
別々の働きがある、とお話ししました。
 
ロコモーターは、からだを運ぶ役割
パッセンジャーは、その間姿勢を保つ役割
 
さて一側の下肢を前に出すとき、
 
骨盤も一緒に前に出ますね。
 
股関節の屈曲と、骨盤の前方回旋、
 
両方が合わさった分、足が前に出ます。
 
 
 
ということは、骨盤は、足と同じ方向に動いているわけです。
 
 
でも上半身は動かない様に働く、
 
つまり、
 
体幹のどこかで、骨盤の動きを相殺しているはずです。
 
ねじれが出ているってことですね。
 
その勢いで、上肢が反対に振れるんです。
 
つまり、右足が前に出たとき、
 
体幹はそれを止めようとして
 
上肢は右が後ろに残る。
つまり左が前にでる。
 
 
 
これが上肢と下肢の動きが反対になる理由です。(*^-^*)
 
 
私がここで言いたいことは
もうひとつ
 
 
ここで体幹のねじれの動きが必要になるんですね。
 
これって
 
赤ちゃんの運動発達の中で
 
体験していますね。
 
 
例えば 寝返り
 
起き上がり動作
 
ずりばいや四つ這い動作では
 
左右交互で上肢と下肢が反対の動きを経験しています。
体幹の側屈も使って。
 
これ、全部 
歩くための練習になっています!
 
 
つまり、
 
寝返りをしなかったり
 
四つ這いをしなかったり
 
起き上がり動作ができないのに、
 
座った姿勢でいざり移動を覚え、
歩き始めてしまうと
 
この正常歩行の練習ができていないんです。
 
練習できずに歩いてしまったら
 
歩行の仕方が正常とは違ってしまい、
 
腕の振りがおかしかったり
物をバランスよく運べなかったり
色々不具合が起きても 不思議じゃないですよね。
 
 
だから正常発達って 大切なんです。
 
 
やっと
言いたいことに たどりつけましたぁ~!(^_-)-☆
 
次回
じゃあどうするか!
ねがえりや、四つ這いをしない子どもさんへの
アドバイスを お伝えします。
 
 

医者の選び方ー足を診てもらうー

今日は医者の選び方  なーんて
恐ろしいテーマ”(-“”-)”
 
第1弾
 
「足を診てもらう」
 
でお話しします。
 
 
 
ブログに こんなことを書くからといって
自分がものすごく 偉い医者だと
自慢しているわけではないので
 
誤解しないでください。
そんなことは全然ないです。
 
 
 
ただ
医者には 誰にも専門分野があって
 
その専門分野については
勉強もすごくするし
最新の知識を学ぶ努力もする。
 
患者さんもたくさん 経験させていただける。
 
だから自信もある程度あるし、
こだわりもある。
 
 
 
他の医療機関での治療方針も
気になります。
 
えっ??
 
と思う部分があったり
 
患者さんにとって それが最善ではない と思うと
 
「このまま 黙っていていいのだろうか?」
 
悩んでしまいます。(-_-;)
 
 
 
私の場合、
 
肢体不自由の障害について、と
足について
そして姿勢や歩行を診ることについては
 
自分にとっての「専門分野」と思っています。
 
 
 
 
自分の専門分野として
装具としてのインソールを
たくさん作ってきました。
 
 
 
最近、健康保険を使って 
インソールを作ることに対し、
 
各健康保険組合は
非常に厳しくなっています。
 
 
 
その背景には、
 
医者が自分でちゃんと診察し、
装具の必要性を判断し、
作製に関わり、
治療効果もしっかり評価していく
 
 
そういった
あたりまえのことをせず、
 
 
 
業者任せに
足のことも知らないのに
保険請求している
 
困った医者がいることが
原因の一つのように思います。
 
 
 
もちろん
 
そんな風に作られた装具では
ちゃんとした治療になっていない。
 
 
 
 
では
足を診る、という観点からの
 
医者選びのコツを教えます。
 
 
 
それは
 
 
じゃじゃーん!!
 
 
 
 
 
 
レントゲンは、立位で撮る!!
 
 
 
もちろん
骨折を疑う場合や、骨の病気を疑う場合、
立位でなく、臥位で(寝て)とることもあります。
 
 
 
まだ立てない患者さんは、もちろん立位では撮りません。
 
 
 
ですが、
 
外反扁平足や
外反母趾
 
 
といった、
変形を診断するには
 
立位でなくてはだめです!!
 
 
正しい評価になりません。
 
 
 
外反扁平足の足で
 
立っていないとき(非荷重)、
内側アーチができていても
 
立つと(荷重位)、強く外反し、
内側アーチがまったくなくなり、
踵が内側に倒れこんでしまう・・・
 
こういうことはよくあります。
 
 
これも、程度によっては、
ちゃんと治療しなければいけません。
 
 
 
 
立って歩く時の足の形が 悪いから
色々な症状を出すわけで、
 
寝ている形では、
それを評価するレントゲン写真は
撮れないんです。
 
 
 
 
先日、少し遠くから通院され、
当院でインソールを作っていた患者さんが
 
足の痛みがあって 近医を受診し
 
「ここでもインソールを作れるよ」
 
と そのDr.に言われたので
近医に転医したい、
 
との相談がありました。
 
 
患者さんが説明を受けた 足のレントゲンのコピーを
見せてもらって 目が点に・・・(*_*)
 
 
レントゲンは、非荷重、
それも、斜めの方向から撮ったもの。
 
それに線を引いて
「外反母趾が気になる」と言われたと。
 
 
外反母趾なんて、その子はないのに・・・(+_+)
 
 
 
申し訳ないですが
そこへはご紹介できません。
 
 
 
別の、信頼できる整形外科へ
ご紹介させていただきました。
 
 
 
たとえ、他院へ移られるとしても
 
最後まで
ちゃんと、患者さんにとっての
ベストを
考えてあげたい。
 
 
そう思っています。
 
 
 
ポイントです!
 
 
足の変形を診断するには
 
「レントゲンは、立位で撮る!」
 
 
 
そして、
 
装具は
 
装具をつくる業者がいれば
作れるのでは有りません!
 
 
 
装具は治療手段!
お薬と一緒です。
 
医師が責任もって ちゃんと診察し
指示を出し
 
仮合わせや、出来上がりのチェックを
医師自らが、しっかり行う
 
 
 
そういうところで
作製しましょう!
 
 
 
装具の話になると
 
つい熱くなってしまいます。(^-^;
 
すみません。
 
 
 
 
 

ダウン症児の運動発達-速さより質!-

さて今日はダウン症の運動発達 2回目です!
 
 
一般的な赤ちゃんは、
 
定頸獲得 3~4か月
寝返り獲得 5~6か月
 
が平均でした。
 
ダウン症児は
 
定頸獲得 3~14ヵ月 平均6カ月
寝返り獲得 1~24ヵ月 平均7カ月
 
これは、私が療育センターとクリニックの
 
両方で今までに診せていただいたダウン症児
 
約250名を、調査した結果です。
 
ここでは、2つのことに気が付きます。
 
 
1.ダウン症児は、獲得できる月齢に、ものすごく幅があること。
2.ダウン症児は、寝返りがすごく早くできるようになる子がいる。
  つまり、定頸よりさきに、寝返る子もいる!
 
 
但し、
 
この寝返り、
 
健常児と同じやり方とは限りません。
 
 
首をそらせて、反りを利用して行う寝返り。
 
なんと定頸前に、できるようになる児もいるんです。
 
 
 
 
 
そして、うつ伏せで、顔を上げることが出来る様になっても
 
ちょうど前を安定してみるのではなく、
 
首を反らせすぎて
あごを挙げ
上を向き、
下目使いで前を見ている児も たくさんいます。
 
これ、定頸とは言えません。
 
 
 
首のまわりの筋肉すべてが
 
バランスよく働いて
 
ちょうどよいところで、お顔を止めることができ、
 
自分の思い通りに、くびを動かすことができないと
 
定頸とは言えません。
 
 
これ、ダウン症児には、少し時間がかかります。
 
でもゆっくりでいいんです。
 
獲得の速さより
運動の、質が大切!
 
 
 

オンライン医療相談はじめました!

今日は皆さんに

お伝えしたいことがあります。

私がなぜメルマガやブログを始めたか。

それにはいくつかのきっかけがあります。

一つは、

自分のクリニック患者さんから耳にする、

訪問リハビリや、デイサービスの

現状に危機感を持ったことです。

訪問看護ステーションや、
児童デイサービスなどの
事業所のなかには、

もともと障害児に非常に詳しく、

経験豊富なスタッフさんがいて、

しっかり指導されているところも

もちろんあります。

そういったところには、

私も安心して、

患者さんをお願いできるのですが、

もともと小児はあまり専門でないのに、

時代のニーズによって、

障害児を扱うようになった事業所さんも

沢山あり、

経験がないのに、

(訪問だから)たった一人で

重症の患者さんを担当させられ、

それも、作業療法士なのに

理学療法士のようなことを 要求され、

熱意だけでは 解決しない壁にぶつかっている。

きっと

スタッフさん自身も
思い悩んでいるに違いない!

そんな状況を見て、

「これ、マズイでしょ」

そう思わずにはいられなかったこと。

もう一つは、

遠方からクリニックに来院される患者さんから、

「自分の地元には、先生のような医者がいない。

地元の他の患者さんは、

先生のところまで、

行きたくても行けない。

だから先生、この地域まで来てください。」

と言われたこと。

私の診察が、

そんなに優れているとは

全く思っておりません。

ただ、

自分のこの仕事

障害の子どもたちを診る仕事が

大好きだってことには

自信があります。

だから、

もし 私でお役に立てるのであれば、

遠くの患者さんにも

力になれるといいな、

そう思いました。

おかげでメルマガも

順調に登録数は伸び

何とか

続けています。

でも、

メルマガやブログでは

できないことが
沢山あります。

その一つが、

「個別の悩みに応えること」

そもそも、

メールを読んで下さっている方が

何に困っていて、

どんな情報を欲しいと思っているのか

色々な立場の方がみえるので

同じではない。

かといって、

職種ごとに

メルマガやブログを書くほど

時間がない

そこで

このたび

私、

「オンライン医療相談」

はじめます(*^▽^*)

まずは、患者さん当事者の

個別の悩みをお聞きすることから

始めてまいります。

クリニックまで来れないけれど

相談する医療機関があまりない

地域の患者さん。

なかには、

障がい児を持ったことを

さまざまな理由で 表に出せず、

辛い思いで 育児に苦しんでいる

親御さんもいるでしょう。

そんな方に

オンラインなら

遠くから来る手間もなく

誰にも見られることなく

待ち時間もなく

多和田に直接相談ができます。

ご興味のある方は

こちらをご覧ください。

https://clinics.medley.life/clinics/5b345800741d995e4e1a4ee5

たわだリハビリクリニックのHPからも

申し込みサイトへ行くことができます。

https://trc-tawadareha.com/

お悩みの患者さんがいらっしゃいましたら

教えてあげてくださいね。

なにぶん、
クリニックの診療がお休みの日しか
できませんので

枠は ごく少数に限らせていただきました。

こちらも すぐに

予約が取りにくくなるかもしれません。

(現在クリニックの診察予約は、
半年待ちです。)

ご容赦ください。

なお、

保険診療ではありません。

完全自費の医療相談です。

すべて多和田が直接、

テレビ電話を用いて オンラインで

ご相談にのります。

是非ご利用くださいね!

正常発達:歩行について

歩行について

今日は正常発達の、歩行についてお話しします。
いよいよ歩き始めます!

健常なbabyは、12~15カ月で歩き始める、

と以前の教科書には書かれています。

実際には 少なくとも日本では、

1歳前に歩く子がとても増えています。

歩き始めの赤ちゃんは、

 左右の足の間(歩隔)を広く開けて

 両腕を肘より上に挙げ(high guard)

足の裏全体が一緒に床に着く(foot flat)

    または時に足の前の部分(前足部)から接地する

歩き方をします。
(かっこの中は、PTさん向け専門用語です)

このころ、大抵の赤ちゃんは、
ややO脚です。

ちなみに大人の人は

足と足の間は狭く、

腕は左右交互に前後に振ります。

そして踵から床に着きますね。

赤ちゃんがhigh guard gait(歩くことをgaitと言います)になるのは

手を挙げることで
バランスを取っているのです。

徐々に歩行が安定してくると

手の位置が下がってきて

middle guard gaitになってきます。

そして徐々に

low guard gaitに。

そうなると、手の振りが出るようになります。

さてさて、

手の振りについてですが、

右足を前に出すと
前に出る手は・・・左ですね。

左足が前に出たときは
前に出るのは・・・右手です。

なぜでしょう??

ここから少し
大人の歩容について
動作分析の観点から お話しします。

歩くという動作の中で
下半身(骨盤~下肢)と上半身(骨盤~頭)は
別の働きをするんです。

つまり、

下半身
これを歩行分析の用語で「ロコモーター」と言います。
「機関車」の意味ですって!

これはその名の通り、からだを歩行によって運ぶために動きます。

上半身
これは「パッセンジャー」と言われ、
「乗客」という意味です。

パッセンジャーとしての上半身は、
ロコモーターによって移動する間、
姿勢を保持することに集中して働きます。

それによって、頭の位置は安定して、脳がしっかり働けるし
お盆に載せたコップのお水をこぼさずに、
運んだりすることもできるわけです。

つまり
下肢につられて上半身が動いてしまったら
上半身にある、手や頭は 
別のことができなくなってしまいます。

同側の手足が一緒に出る歩き方では
お盆の水は、こぼれちゃいますよね!

別の見かたでいうと
パッセンジャー(上半身)の姿勢によって
ロコモーター(下半身)の動き方、使う筋肉は変わってきます。

確かに
背中の丸くなったお婆さんと
姿勢の良いお年寄りでは

歩き方、足の使いが全然違います。

この話、長くなりそうなので
続きは次回に(*^-^*)

次回、もう1回今日の分も読んでから
読まれるとよいと思います。

ダウン症児の運動発達の特徴:始歩

ノーベル医学生理学賞、
日本人の 本庶佑教授が
受賞されました!

がんの治療で最先端の
がん免疫療法
オプジーボを開発した方です。

すごい…!!

日本人って、本当にすごいですね!

世界に誇れる(*^▽^*)

なんだか
すごく嬉しいです。

そして
本庶先生の言葉が、
また素晴らしい!

「あんたの薬のおかげで元気になれた」と言われるのが
どんな賞よりも 喜び

素敵ですね。

でも
本当にそうだと思います。

医者なんて 多分きっと
患者さんの喜びの声を聴くことが
何よりの生きるエネルギー、
頑張りの報われる瞬間です。

まあ、どんな仕事も
そうですよね。

さて今日から、ダウン症児の運動発達の特徴について

少しずつ お話しします。

ダウン症児は低緊張って話は
以前にしましたね。

低緊張なために、運動発達は皆ゆっくりです。

一般的に、健常な赤ちゃんの始歩は
1歳ごろです。

ダウン症児の場合、

私が説明するときは

「だいたい2歳代で歩けるようになる子が多いですよ。」

とお話しします。

2歳の前半の子もいますが

3歳前の子もいます。

中には6歳で、やっと歩くようになった子も。

大きな合併症、例えば

 重度の心疾患とか
 てんかんとか
 脳性麻痺など

それらを合併していなければ

ほぼ100% 歩けるようになります。

だから心配しなくて大丈夫‼(*^-^*)

始歩は早ければいいと思いがちですが

そんなことはないので

焦らない(^.^)
焦らない(^.^)

運動獲得の速さではなく、
運動の質が問題です。

ただ、4歳以上までなかなか歩けるようにならなかった場合、

筋緊張の低さが かなり強い場合が多いので

その後の整形外科的合併症には

注意が必要です。

 
これから少しずつ

運動の質の話もしていきますね!

低気圧と体調変化

10月5日  

今年は台風が本当に多いですね。

それも大型で

各地で被害をもたらしています。

皆さんのところは、大丈夫でしたでしょうか?

台風は、低気圧の親分みたいなものですね。

低気圧って、人間のからだにも

直接影響を与えるようです。

その話を少し…

低気圧になると

少し血圧が低めになる

副交感神経優位になる

酸素濃度が若干低くなる

高山病ってご存知でしょうか?

その字の通り、高い山に登ると
気圧が低くなり
酸素濃度も低くなり
色々な症状が出ます。

高山病の ゆる~い感じでしょうか。

低気圧が近づくと、

高齢の患者さんでは、膝の痛みが強くなったり

頭痛がひどくなったり

肩こりが強くなったり。

先日、往診した患者さんは

台風の影響で
「気管支ぜんそくがひどくなる」、と
おっしゃっていました。

それは
低気圧で 副交感優位になるため
気管支が収縮し、
余計に苦しくなる、ということでしょう。

子どもさんにも、影響があるんですね。

台風シーズン
早く終わってほしいですね…

ちなみに
交感神経と 副交感神経
ご存知でしょうか?

これはまたの機会に(^.^)/~~

脳性麻痺の筋緊張異常

今日からしばらく 
脳性麻痺のタイプ別
大きな、ざっくりした特徴
私の診察方法について
お話しします。

脳性麻痺は、

筋緊張異常

が大きな特徴でした。

筋緊張が高い
筋緊張が低い
筋緊張の変動が激しい

この3種類です。

痙直型:筋緊張が高い

失調型:筋緊張が低い

不随意運動型:筋緊張の変動が激しい

弛緩型:筋緊張が低い

以上です(^^)/~~~

もう少しだけ

これらのタイプは、
実際には混合していることも多く、

特に不随意運動型は、
痙直をさまざまな程度に持っていることが多いです。

私が初診時に
このタイプを診断するとき

まずは膝や股関節、足関節を
他動的(つまり私が)動かしてみます。

例えば足関節が、
他動的に 背屈(上に曲がること)しにくい場合、

関節自体が硬いのか
つまり 関節を作っている骨や、関節の袋、
周りの靭帯の問題なのか?

関節の運動をつかさどる 筋肉の問題なのか?

筋肉だとしたら、それは筋肉の長さによるのか?
筋肉の緊張によるのか?

この筋肉の緊張による硬さの場合
その原因は、神経です。

つまり、関節の硬さの原因は

関節

筋肉

神経

これだけあるんですね。

これを見分けなくてはいけません。

そんなに簡単なことではなくて

嫌がられて、患者さんの力が入ってしまうと
見分けるのは至難の業!

手ごたえであったり(spasticな抵抗か?)

患者さんが寝ているときにどうか?で見分けたり
(純粋に、脳の異常からくる痙性のみの場合、
寝ているときは硬くないはず)

総合して考えます。

ひとことで、「足が硬い」と言っても

色々あるんですね。

あしくび触ってみてくださいね!