ダウン症児の股関節脱臼

今日はダウン症児の股関節脱臼について
お伝えします!

ダウン症児は低緊張で
関節弛緩があって
そのため、いろいろな関節が緩い

もう何度もお伝えしましたね。

股関節も やっぱり緩いんです。

「足のつけ根あたりで、
コキコキ音がするんです。」

お母さまがこう言われたら
要注意!!

股関節脱臼の可能性が。

脱臼したら
さすがに痛くて
わんわん泣くでしょ…(/_;)

いえいえ
泣きません。

痛くないんです。これが。

関節の袋が広がって
中で足のつけ根の骨(骨頭)が、
ぐらぐら動いて

コクって 骨盤のくぼみから出てしまう。

これが脱臼です。

健常の私たちが
股関節脱臼するとしたら
交通事故くらいの大けがで

そりゃあもう、
想像できない痛さだと思います。

ダウン症児の股関節脱臼は
赤ちゃんの股関節脱臼とも違うんです。

赤ちゃんの脱臼は、臼蓋形成不全(骨盤のくぼみが浅い)を伴うのですが
ダウン症児の場合、これはないんです。

臼蓋の傾きは強くないけど
臼蓋の後ろは浅いようです。

これはレントゲンではわかりにくい。

股関節を深く曲げると
骨頭が後ろに外れます。

歩いているときに、
カクカク外したり、入れたりする子も(‘;’)

ただ、そんな状態が続くと
大人になってから
股関節の痛みで
歩けなくなることも。

いわゆる「変形性股関節症」を
起こすのです。

さてさて

ではどんなことが
ダウン症児の股関節脱臼の原因になるのでしょう?

それは次回に!
これ、絶対知っていてほしいです!

短下肢装具:プラスチック製と支柱付きの違いについて

今日は短下肢装具の中でも
先日お伝えしたMAFOと、
支柱付き短下肢装具(靴型装具つき)との違いについて
お伝えします。

支柱付き短下肢装具とは

しっかりした革の靴
(靴型装具)に
金属製の支柱がついていて
膝の下にベルトがついているものです。

今日は、これと
MAFO(プラスチック製短下肢装具)
との使い分けについて
お伝えしますね!(*^-^*)

1番め

これ、重いです。(-“-)
でも重いからこそ、いいこともあるんです。

重いと安定します。
だから立位が安定する。

失調タイプの、不安定性がある患者さんには
特に有効です。

2番め

足の変形が強いとき
MAFOでは装具に当たって傷を作りやすく、
外反や内反、尖足などの
変形のコントロールが難しい…”(-“”-)”

でも支柱付きだと
靴型装具の中に、
しっかりしたインソールを作れるし

靴のカウンターが支えてくれ
支柱でさらに靴ごと傾くことを防げるので
変形があっても
足をまっすぐに立たせやすいんです。

もうひとつ
支柱付きのよいところ

それは、

足関節の角度調整が自在であること。
底屈だけでなく、背屈角度も制御できるんです。

MAFOはそうもいきません。

背屈フリーか、まったく動かないか、
そのどちらかが多いですね。

ですが、MAFOの方がいいことも
もちろんあります。

支柱付きは、重いので、
歩く、という動きの中では
不利な点があります。

重い靴を履いた、重い足を
前に振り出すときに
体を大きく左右に振らなくてはいけなくなって
バランスを崩すことも。

その患者さんには、
どちらが有効か、

この見極めは
結構難しいです。

今日はここまで(^.^)

読んでくださって
ありがとうございます。

幼児のO脚について

今日は「O脚」のお話です。
 
 
 
O脚 (内反膝ともいいます)とは
 
両膝が外側に彎曲した状態で、
左右の内くるぶし(足関節内果部)をそろえても、
左右の膝の内側(大腿骨内果部)が接しない状態」
 
です。
 
 
赤ちゃんは、O脚のことが多いです。
 
歩き始めるまでは
O脚でもあまり気にならないので
そのことで受診される方は
あまりいません。
 
 
 
 
2歳から6歳にかけて
 
徐々にO脚から
X脚へと 
変化していきます。
 
 
その後、少しX脚も軽減し、
 
7歳くらいで、
大人とおなじくらい
(4°くらいのやや外反)
 
に落ち着きます。
 
 
 
このように、生理的に
 
下肢のかたちは
年齢とともに変化していきます。
 
 
 
しかし
 
1歳半から2歳ころに
結構O脚の目立つ子供さんがいます。
 
 
 
O脚が強いと
 
体を左右に大きく揺らして
不安定で転びやすい。
 
そのうえ
内また歩きになります。
 
 
 
 
保育園で指摘されたり
お母さんや、おばあちゃんたちが
 
不安になって
来院されます。
 
 
 
O脚、と言っても
 
膝で開いているタイプと
 
膝より下、
すねのあたりで一番開いているタイプ
 
の2タイプがあります。
 
 
後者は
 
「下腿彎曲症」
 
といいます。
 
 
 
膝で一番ひらいている 内反膝の場合
 
一番大切なことは
 
「くる病」でないかどうかを
 
見極めることです。
 
 
 
これはレントゲンをとれば
わかります。
 
 
 
そしてもうひとつ
 
「Blount病」という
 
疾患があります。
 
 
これもレントゲンで
わかることが多いです。
 
 
 
ごくまれに、
 
骨系統疾患 という
骨の形成異常をきたす
疾患群があり
 
そのためのO脚のことも。
 
O脚かな?と心配になった時は
レントゲンを撮ることが必要です。
 
 
 
O脚の原因によっては
薬で治る場合や
 
装具治療が必要な場合があります。
 
 
 
もしくる病だった場合、
治療はできるだけ
早く始めたほうがいいです。
 
 
 
必ず
 
整形外科を受診してくださいね!
 
 
 
次回はもう少し
詳しくお伝えします。
 
 
 
 

靴の重要性について

靴について①
 
正常発達についてのお話に引き続き
今日から数回、
靴について
お話ししたいと思います。
 
 
 
 
私、実は
 
靴にはちょっと
うるさいんです(^.^)
 
 
 
 
昨年は
 
名古屋市医師会主催の
「骨と関節の日」市民公開講座で
 
「足と靴の正しい知識
~ずっと歩き続けるために~」
 
という題で
講演させていただきました。
 
 
 
 
 
 
子どもの運動発達
健康な体つくりに
 
靴は  ものすごく
影響を与えます。
 
 
 
私、
 
NPO法人
「子供の足を守りたい WISH」
の副理事でもあるんです。
 
 
 
 
WISHの活動は
 
 
こどもたちの
正しい靴の選びかた
正しい靴の履き方
を、世に広め、
 
学校の健診に
足のサイズ計測を加えてもらうこと!
 
を目標に、
 
幼稚園や、学校、
その他お母さんやこどもたちを集めて
啓蒙活動をしたり、
 
足の計測会をしたりしています。
 
 
 
なぜそこまで、靴にこだわるのか?
 
 
 
2本足で歩くようになった人類にとって
 
身体全体を支える2本の足が
いかに重要であるか。
 
 
 
 
 
足が悪ければ
痛くてたくさん歩けない。
 
歩けなければ
運動不足になって
 
肥満になったり
生活習慣病になったり
 
健康に害があることは
想像に難くありません。
 
 
 
 
それだけでなく
 
足が悪ければ
姿勢が悪くなる。
 
肩が凝る。
腰が痛む。
下肢の他の関節に負担が来る。
 
 
 
姿勢が悪くなると
 
噛み合わせが悪くなる。
頭が痛くなる。
肺活量が減る。
 
 
 
姿勢が悪くなると
 
心が下向きになる
気が滅入る
 
 
 
足元が安定しないと
よく転ぶ。
 
速く走れない。
転ぶから 自信がなくなる。
 
失敗体験が増えていく。
 
挑戦しなくなる。
 
 
 
怪我をする。
骨折する。
 
 
・・・・・・
 
 
 
いかに靴が大切か
 
イメージ出来てきましたか?
 
 
 
 
次回は いよいよ
 
正しい靴の選び方について
 
お伝えしますね!
 
 
お楽しみに(*^-^*)
 
 

ダウン症とX脚から膝蓋骨脱臼⁈

今日は久しぶりの
ダウン症についてです。
 
 
前回股関節の話をしたので
今日は膝のお話をしようと思います。
 
 
 
ダウン症児のように
 
筋緊張の低い
つまり体の柔らかい
子どもさんの場合、
 
立ち始めると
 
膝が後ろに反り返ったり
(これを 「反張膝」 と言います。)
 
 
膝はくっついているのに
足首が離れる、
 
「X脚」
 
が強かったりします。
 
 
これは、
 
関節の緩さと
 
大腿四頭筋
(膝を伸ばす筋肉)
の力が弱いことが
原因です。
 
 
この状態のまま
成長してしまうと
 
 
 
学童期になって
大変なことが起きるんです!!”(-“”-)”
 
 
 
 
それは
 
「膝蓋骨脱臼」
 
 
 
 
お皿の骨が
外に外れてしまうんです!
 
 
 
こうなったら
痛くて動けません
 
膝が動かなくなってしまいます。
 
 
自然に整復されることもあるのですが
 
時々
お皿の骨が割れてしまいます…
 
 
つまり骨折です。
 
 
 
 
習慣性に 外れたり もどったり
する場合もあります。
 
 
 
 
どちらも根本的な治療は
手術です。
 
 
こうならないために
どうしたらよいか?
 
 
 
反張膝や
X脚を
作らないことです。
 
 
そのためには
 
まずは大腿四頭筋を鍛えること!
 
 
膝の筋肉をしっかり使った
立ち上がり動作や
 
階段昇降も有効ですね。
 
また、
 
膝を曲げる使い方を
浸透させるためにも
 
四つ這い移動をしっかり経験しておくこと!
 
 
 
そして
 
反張膝を防ぐために
 
歩き始めは
靴はハイカット
+足首の後ろ部分にクッションをつけて
膝を前に出す工夫をします。
 
 
X脚は、扁平足によって
さらに悪化しますから
 
扁平足もちゃんと直す!
 
そのためのインソールも使用する!
 
 
 
「先のことを考えながら
運動発達を促す」
 
 
これが本当に大切です!
 
ではまた(^^)/
 
 

脳性麻痺の装具:短下肢装具 足首が動くタイプと動かないタイプの違いについて

 
 
今日は
私の得意分野である
装具について 
お話ししてまいります(*^-^*)
 
 
脳性麻痺の子どもたちが
一番よくつけている装具と言ったら
 
これでしょうか?
 
 
プラスチック製製短下肢装具
 
 
Molded Ankle Foot Orthosis
(MAFO)と略します。
 
 
これは大まかに2種類あります。
 
足首が動くものと、動かないもの
 
この2種類です。
 
 
 
どういった患者さんに、
どちらのタイプを使うのか?( ;∀;)
 
 
 
それを知ることで
 
どんな場面で使用するとよいかが
わかってきます。
 
 
 
 
私の場合、
 
関節が動かないタイプは
 
足や足首の形を整えたり
変形の進行を防いだり
足を保護する目的で
作ります。
 
 
主に夜間に使用していただきます。
 
 
重度の麻痺で、
立つ練習が難しい方には
 
日中も使ってもらいます。
 
 
変形が強くて
骨が突出しているような方は
 
どこかにぶつけて
傷を作るのが怖いですから
 
しっかり保護するように作ります。
 
 
 
一方、
 
足関節が動くタイプのMAFOは
 
立位や歩行練習用に
作製することが多いです。
 
 
 
足に体重をかける練習をしたいとき、
 
足くびが動くことで
荷重を促しやすくなるんです。
 
 
 
腰かけ姿勢から
立ち上がるとき
 
あなたも足を引き込みますよね?
 
足首が90度のままだと
立ち上がりにくいです。
 
 
だから背屈(足が上に曲がる)が
できる方がいいんです。
 
 
歩く時も
 
足が背屈できるほうが
自然に歩けますよね?
 
 
 
ということで、
 
足首の曲がるMAFOは、
立つ練習、歩く練習にも使います。
 
 
でも夜間にも使えるし、
変形を防ぐ効果も十分あります。
 
 
 
履かせ方のコツですが
 
足首を先に
しっかり背屈させておくこと!
 
そのためには
 
膝をしっかり曲げることがポイント!
 
 
膝を曲げると
足首が背屈しやすくなります。
 
 
しっかり背屈させた足を、
装具の足底面に沿って
奥に進めていく。
 
 
 
しっかり奥まで入ったら
 
足首のベルトからしっかり締める
 
 
そのあと
残りのベルトを締めます。
 
 
これでMAFOはばっちりですね!(*´▽`*)
 
 
 

斜頸の直し方

前回、斜頸についてお話ししました。
 
 
では、先天性筋性斜頸であった場合、
どんなふうに治療するのでしょう??
 
 
 
まずは
 
斜頸枕!
 
 
 
斜頸が強いと、赤ちゃんは 
上を向いて寝ることがなく、
 
常に同じ方向ばかり向いてしまいます。
 
 
 
赤ちゃんの頭蓋骨は、まだ柔らかいので、
 
下になっている方の頭が
ぺしゃんこになってしまいます(+_+)
 
そうなると、その形のせいで、
ますますそちらに向いてしまう。
 
 
 
その悪循環を断ち切るため
 
タオルを折ったものや、
ドーナツ枕など
 
向いてしまう方の頭の下に入れて
正面を向かせるのですが、
 
 
そう簡単にはいきません。
 
 
身体ごと、向き癖と反対を向かせるように
布団を身体の下に左右の半分入れるとか。
 
 
それでもなかなか難しい・・・(+_+)
 
 
 
その場合、
 
大きなスポンジの塊を、
頭の形に削って
枕を作るんです。
 
これが
 
「斜頸枕」です!
 
 
 
これ、とっても有効です(^^)/
 
 
ちゃんと正面を向いてくれます。
 
 
ただし!
 
 
寝返りするようになったら
脱出してしまうので
 
もう使えません・・・(;^ω^)
 
 
 
 
もう一つの方法として
 
赤ちゃんができるだけ自分で
反対側を向こうとするように、
工夫します。
 
 
 
たとえば、
 
おかあさんなど、家族は、 
向き癖の反対側に寝る!
 
抱っこや 授乳の向きも考える!
 
おもちゃであやすときも、反対側から。
 
 
 
そんなことをしながら 
 
ストレッチもします。
 
 
無理なく
ゆっくり
少しずつ
 
首の向きを誘導します。
 
 
これはちょっと怖いかもしれませんね。
 
 
しっかり専門医の指導の下に
行いましょう!
 
 
3か月頃からは
 
うつ伏せにするのも効果的です。
 
 
うつぶせの時間が増えると
頭の形も改善しやすくなります。
 
 
 
ただし、
 
首がしっかり座るまでは
お母さんの目の届く時だけにしてくださいね!
 
 
次回は、斜頸の影響について
お伝えします。
 
今日も読んでくださって
 
ありがとうございます(*’▽’)
 
 

斜頸

 
前回までに
股関節脱臼・内反足と、
赤ちゃんの時に起きる整形外科疾患について
お話ししてきました。
 
 
もうひとつ、赤ちゃんの時に問題になる
整形外科疾患 と言えば
 
 
斜頸」です。
 
 
斜頸とは、
 
首から頭が、体に対して傾いていて
同じ方向ばかり向いてしまう状態です。
 
 
 
新生児から乳児であれば
 
同じ向きばかりしていることで
頭の形がひずんでしまいます。
 
(3歳くらいまでに、
徐々に改善することが多いです。)
 
 
 
いわゆる「向き癖」との違いは
斜頸は
筋肉の異常である、ということです。
 
 
「先天性筋性斜頸」では
 
 
「胸鎖乳突筋」という筋肉に
(これは左右1対、つまり2本あるのですが)
 
片方だけに筋肉の中にしこりができて
筋肉が伸びにくくなり
 
引っ張られてしまうことで
首の動きが悪くなっています。
 
 
 
右の胸鎖乳突筋にしこりができると
顔は左を向き
首を右に傾けます(あごが左上に上がる感じです。)
 
 
 
この「しこり」
 
生後2~3週で最も大きくなり、
その後1歳半ごろまでに
自然に無くなっていくことが多いのです。
 
 
 
ところが
 
ときに残ってしまい
首の傾き、動きが制限されたままのことがあります。
 
 
 
その場合、
1歳半頃 手術することもあります。
 
 
ただ、実は斜頸にも、いろいろありまして
ときに、首の骨の奇形が原因のことも。
 
乳幼時期以降に目立ってきたとしたら
 
視力の問題であったり
(片方の目が見にくい場合)
麻痺があったり
痛みを伴い、急に首が傾いて、動かせなくなった場合は
炎症の場合もあります。
 
 
環軸椎回旋固定、という疾患だったり
環軸関節の亜脱臼の場合も。
 
 
とにかく、急になった場合は
急いで整形外科に行きましょう!!
 
 
 
次回は斜頸の治療をお伝えします。
 
 
今日も読んでくださって
ありがとうございます!(*^-^*)
 
 

歩く時、なぜ手と足は反対が前に出るの?

【歩く時、なぜ手と足は反対が前に出るの??】
 
 
ちょっと前のブログで
 
ロコモーターとしての下半身と、
パッセンジャーとしての上半身
 
別々の働きがある、とお話ししました。
 
ロコモーターは、からだを運ぶ役割
パッセンジャーは、その間姿勢を保つ役割
 
さて一側の下肢を前に出すとき、
 
骨盤も一緒に前に出ますね。
 
股関節の屈曲と、骨盤の前方回旋、
 
両方が合わさった分、足が前に出ます。
 
 
 
ということは、骨盤は、足と同じ方向に動いているわけです。
 
 
でも上半身は動かない様に働く、
 
つまり、
 
体幹のどこかで、骨盤の動きを相殺しているはずです。
 
ねじれが出ているってことですね。
 
その勢いで、上肢が反対に振れるんです。
 
つまり、右足が前に出たとき、
 
体幹はそれを止めようとして
 
上肢は右が後ろに残る。
つまり左が前にでる。
 
 
 
これが上肢と下肢の動きが反対になる理由です。(*^-^*)
 
 
私がここで言いたいことは
もうひとつ
 
 
ここで体幹のねじれの動きが必要になるんですね。
 
これって
 
赤ちゃんの運動発達の中で
 
体験していますね。
 
 
例えば 寝返り
 
起き上がり動作
 
ずりばいや四つ這い動作では
 
左右交互で上肢と下肢が反対の動きを経験しています。
体幹の側屈も使って。
 
これ、全部 
歩くための練習になっています!
 
 
つまり、
 
寝返りをしなかったり
 
四つ這いをしなかったり
 
起き上がり動作ができないのに、
 
座った姿勢でいざり移動を覚え、
歩き始めてしまうと
 
この正常歩行の練習ができていないんです。
 
練習できずに歩いてしまったら
 
歩行の仕方が正常とは違ってしまい、
 
腕の振りがおかしかったり
物をバランスよく運べなかったり
色々不具合が起きても 不思議じゃないですよね。
 
 
だから正常発達って 大切なんです。
 
 
やっと
言いたいことに たどりつけましたぁ~!(^_-)-☆
 
次回
じゃあどうするか!
ねがえりや、四つ這いをしない子どもさんへの
アドバイスを お伝えします。
 
 

医者の選び方ー足を診てもらうー

今日は医者の選び方  なーんて
恐ろしいテーマ”(-“”-)”
 
第1弾
 
「足を診てもらう」
 
でお話しします。
 
 
 
ブログに こんなことを書くからといって
自分がものすごく 偉い医者だと
自慢しているわけではないので
 
誤解しないでください。
そんなことは全然ないです。
 
 
 
ただ
医者には 誰にも専門分野があって
 
その専門分野については
勉強もすごくするし
最新の知識を学ぶ努力もする。
 
患者さんもたくさん 経験させていただける。
 
だから自信もある程度あるし、
こだわりもある。
 
 
 
他の医療機関での治療方針も
気になります。
 
えっ??
 
と思う部分があったり
 
患者さんにとって それが最善ではない と思うと
 
「このまま 黙っていていいのだろうか?」
 
悩んでしまいます。(-_-;)
 
 
 
私の場合、
 
肢体不自由の障害について、と
足について
そして姿勢や歩行を診ることについては
 
自分にとっての「専門分野」と思っています。
 
 
 
 
自分の専門分野として
装具としてのインソールを
たくさん作ってきました。
 
 
 
最近、健康保険を使って 
インソールを作ることに対し、
 
各健康保険組合は
非常に厳しくなっています。
 
 
 
その背景には、
 
医者が自分でちゃんと診察し、
装具の必要性を判断し、
作製に関わり、
治療効果もしっかり評価していく
 
 
そういった
あたりまえのことをせず、
 
 
 
業者任せに
足のことも知らないのに
保険請求している
 
困った医者がいることが
原因の一つのように思います。
 
 
 
もちろん
 
そんな風に作られた装具では
ちゃんとした治療になっていない。
 
 
 
 
では
足を診る、という観点からの
 
医者選びのコツを教えます。
 
 
 
それは
 
 
じゃじゃーん!!
 
 
 
 
 
 
レントゲンは、立位で撮る!!
 
 
 
もちろん
骨折を疑う場合や、骨の病気を疑う場合、
立位でなく、臥位で(寝て)とることもあります。
 
 
 
まだ立てない患者さんは、もちろん立位では撮りません。
 
 
 
ですが、
 
外反扁平足や
外反母趾
 
 
といった、
変形を診断するには
 
立位でなくてはだめです!!
 
 
正しい評価になりません。
 
 
 
外反扁平足の足で
 
立っていないとき(非荷重)、
内側アーチができていても
 
立つと(荷重位)、強く外反し、
内側アーチがまったくなくなり、
踵が内側に倒れこんでしまう・・・
 
こういうことはよくあります。
 
 
これも、程度によっては、
ちゃんと治療しなければいけません。
 
 
 
 
立って歩く時の足の形が 悪いから
色々な症状を出すわけで、
 
寝ている形では、
それを評価するレントゲン写真は
撮れないんです。
 
 
 
 
先日、少し遠くから通院され、
当院でインソールを作っていた患者さんが
 
足の痛みがあって 近医を受診し
 
「ここでもインソールを作れるよ」
 
と そのDr.に言われたので
近医に転医したい、
 
との相談がありました。
 
 
患者さんが説明を受けた 足のレントゲンのコピーを
見せてもらって 目が点に・・・(*_*)
 
 
レントゲンは、非荷重、
それも、斜めの方向から撮ったもの。
 
それに線を引いて
「外反母趾が気になる」と言われたと。
 
 
外反母趾なんて、その子はないのに・・・(+_+)
 
 
 
申し訳ないですが
そこへはご紹介できません。
 
 
 
別の、信頼できる整形外科へ
ご紹介させていただきました。
 
 
 
たとえ、他院へ移られるとしても
 
最後まで
ちゃんと、患者さんにとっての
ベストを
考えてあげたい。
 
 
そう思っています。
 
 
 
ポイントです!
 
 
足の変形を診断するには
 
「レントゲンは、立位で撮る!」
 
 
 
そして、
 
装具は
 
装具をつくる業者がいれば
作れるのでは有りません!
 
 
 
装具は治療手段!
お薬と一緒です。
 
医師が責任もって ちゃんと診察し
指示を出し
 
仮合わせや、出来上がりのチェックを
医師自らが、しっかり行う
 
 
 
そういうところで
作製しましょう!
 
 
 
装具の話になると
 
つい熱くなってしまいます。(^-^;
 
すみません。