先天性下腿切断の健側は…

先日、定期的な診察に来てくれた患者さんの話をしたいと思います。

先天性の右下腿切断で、
右下肢は、生まれたときから膝から下がありません。

義足は他の病院で作成し、
うちでリハビリテーションをしています。

2歳前後ですが、もうすでに、義足をつけて歩くことができ、
小走りも出来ます。

こどもって すごいですね!

ボールが転がってくれば、キックする

なんと、義足の足でも、健側の足でも

どっちでも蹴れるんです!

さて問題は、この患者さんの足です。

健側の足。

よくみれば、外反扁平足がかなり強い。

レントゲンを撮ると、踵の骨が下を向くくらい強い。

これは装具治療の適応です。

義足を作っている病院では、
指摘されたことがないとのこと(・。・;??

人間は、2本の足で立ちます。

もし片方の足が、体重をしっかり支えられない場合、

良いはずの足は、たくさん頑張らなくちゃいけなくなります。

その分体重がたくさん掛かって

良いはずの足のアーチが崩れてしまっている。

よく考えれば、無理もないことですよね。

でもこの良い方の足が ひどい扁平足になって

将来 痛みが出たら・・・、

反対側は義足です。

うまく歩けなくなってしまう(/_;)

だから絶対
悪くしたくないですよね!!

明らかに悪い足(ここでは切断されている足)ばかり診ていると、

それに気が付かなくなってしまいます。

整形外科は、すべてそうだと思うのです。

全体のバランスが大切!

立っている姿勢、歩いている動き、

全体を診ないと、

その患者さんの全体を、よくすることはできません。

生意気書いて ごめんなさいm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です