脳性麻痺の筋緊張異常

今日からしばらく 
脳性麻痺のタイプ別
大きな、ざっくりした特徴
私の診察方法について
お話しします。

脳性麻痺は、

筋緊張異常

が大きな特徴でした。

筋緊張が高い
筋緊張が低い
筋緊張の変動が激しい

この3種類です。

痙直型:筋緊張が高い

失調型:筋緊張が低い

不随意運動型:筋緊張の変動が激しい

弛緩型:筋緊張が低い

以上です(^^)/~~~

もう少しだけ

これらのタイプは、
実際には混合していることも多く、

特に不随意運動型は、
痙直をさまざまな程度に持っていることが多いです。

私が初診時に
このタイプを診断するとき

まずは膝や股関節、足関節を
他動的(つまり私が)動かしてみます。

例えば足関節が、
他動的に 背屈(上に曲がること)しにくい場合、

関節自体が硬いのか
つまり 関節を作っている骨や、関節の袋、
周りの靭帯の問題なのか?

関節の運動をつかさどる 筋肉の問題なのか?

筋肉だとしたら、それは筋肉の長さによるのか?
筋肉の緊張によるのか?

この筋肉の緊張による硬さの場合
その原因は、神経です。

つまり、関節の硬さの原因は

関節

筋肉

神経

これだけあるんですね。

これを見分けなくてはいけません。

そんなに簡単なことではなくて

嫌がられて、患者さんの力が入ってしまうと
見分けるのは至難の業!

手ごたえであったり(spasticな抵抗か?)

患者さんが寝ているときにどうか?で見分けたり
(純粋に、脳の異常からくる痙性のみの場合、
寝ているときは硬くないはず)

総合して考えます。

ひとことで、「足が硬い」と言っても

色々あるんですね。

あしくび触ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です