四つ這いと反射

こんにちは!
 
前回四つ這い移動に必要な筋肉についてお伝えしました。
 
今日は別の観点から、
四つ這いについて語ってみたいと思います。
 
よつばいの恰好を思い出してください。
 
肘を伸ばして、手関節は背屈、肩は0度屈曲位
膝を90度に曲げ、股関節は90度屈曲位 足関節は底屈
頸部を伸展させて、前を向いていますね。
 
実はこの格好ができるためには
原始反射である ”対称性緊張性頚反射”(STNR)が
消失している必要があります。
 
原始反射 ATNR(非対称性緊張性頚反射)の話を
「股関節・向き癖」のところでしましたね。
 
ここではSTNRです。
ネットで検索!!(‘;’)
 
この反射、動物がえさを食べるときの恰好と、
顔を挙げているときの格好を作っています。
 
 
 
人間になるには、
この反射も消失しなくちゃいけないんです。(^-^;
 
 
さてさて ここから、
どうやって手足を動かすか?です。
 
①多くの赤ちゃんは、対角線上の上下肢が
同一方向に動く、左右交互型です。
crossed (diagonal)reciprocal pattern
(つまり、右上肢→左下肢→左上肢→右下肢の順に前に出す)
 
 
②時に、左右の上下肢が同じ動きをする
左右対称型 もあります。
homologus pattern
(両上肢→両下肢の順に、前に出す)
 
これ、うさぎちゃんの動き方に近いため
よく ”Bunny Hopping”  と言います。
 
これ、脳性麻痺の子どもさんに多いので
要注意!です
 
これは左右の分離した動きが
うまくできていないのですね。
 
歩く時には、必ずこの
左右の分離した動き、が必要なわけで
 
これができるようにならないと、
うまく歩けるようになりません。
 
 
それからもうひとつ、
 
③四つ這いで進むとき、
足先を床につけずに、膝だけついている子を
ときどき見かけます。
 
これは、発達障害の子どもさんに多いかもしれません。
足の裏が敏感で、足先を浮かしてしまうのでしょうか?
 
とにかく、足先を浮かせて四つ這いする児は
始歩が遅いようです。
 
第2青い鳥学園の元院長、岡川先生が、
以前に学会発表されていました。
 
きょうはこれくらい!
お疲れ様でした(*^^*)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です