低気圧と体調変化

10月5日  

今年は台風が本当に多いですね。

それも大型で

各地で被害をもたらしています。

皆さんのところは、大丈夫でしたでしょうか?

台風は、低気圧の親分みたいなものですね。

低気圧って、人間のからだにも

直接影響を与えるようです。

その話を少し…

低気圧になると

少し血圧が低めになる

副交感神経優位になる

酸素濃度が若干低くなる

高山病ってご存知でしょうか?

その字の通り、高い山に登ると
気圧が低くなり
酸素濃度も低くなり
色々な症状が出ます。

高山病の ゆる~い感じでしょうか。

低気圧が近づくと、

高齢の患者さんでは、膝の痛みが強くなったり

頭痛がひどくなったり

肩こりが強くなったり。

先日、往診した患者さんは

台風の影響で
「気管支ぜんそくがひどくなる」、と
おっしゃっていました。

それは
低気圧で 副交感優位になるため
気管支が収縮し、
余計に苦しくなる、ということでしょう。

子どもさんにも、影響があるんですね。

台風シーズン
早く終わってほしいですね…

ちなみに
交感神経と 副交感神経
ご存知でしょうか?

これはまたの機会に(^.^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です