ダウン症児の股関節脱臼

今日はダウン症児の股関節脱臼について
お伝えします!

ダウン症児は低緊張で
関節弛緩があって
そのため、いろいろな関節が緩い

もう何度もお伝えしましたね。

股関節も やっぱり緩いんです。

「足のつけ根あたりで、
コキコキ音がするんです。」

お母さまがこう言われたら
要注意!!

股関節脱臼の可能性が。

脱臼したら
さすがに痛くて
わんわん泣くでしょ…(/_;)

いえいえ
泣きません。

痛くないんです。これが。

関節の袋が広がって
中で足のつけ根の骨(骨頭)が、
ぐらぐら動いて

コクって 骨盤のくぼみから出てしまう。

これが脱臼です。

健常の私たちが
股関節脱臼するとしたら
交通事故くらいの大けがで

そりゃあもう、
想像できない痛さだと思います。

ダウン症児の股関節脱臼は
赤ちゃんの股関節脱臼とも違うんです。

赤ちゃんの脱臼は、臼蓋形成不全(骨盤のくぼみが浅い)を伴うのですが
ダウン症児の場合、これはないんです。

臼蓋の傾きは強くないけど
臼蓋の後ろは浅いようです。

これはレントゲンではわかりにくい。

股関節を深く曲げると
骨頭が後ろに外れます。

歩いているときに、
カクカク外したり、入れたりする子も(‘;’)

ただ、そんな状態が続くと
大人になってから
股関節の痛みで
歩けなくなることも。

いわゆる「変形性股関節症」を
起こすのです。

さてさて

ではどんなことが
ダウン症児の股関節脱臼の原因になるのでしょう?

それは次回に!
これ、絶対知っていてほしいです!

ダウン症とX脚から膝蓋骨脱臼⁈

今日は久しぶりの
ダウン症についてです。
 
 
前回股関節の話をしたので
今日は膝のお話をしようと思います。
 
 
 
ダウン症児のように
 
筋緊張の低い
つまり体の柔らかい
子どもさんの場合、
 
立ち始めると
 
膝が後ろに反り返ったり
(これを 「反張膝」 と言います。)
 
 
膝はくっついているのに
足首が離れる、
 
「X脚」
 
が強かったりします。
 
 
これは、
 
関節の緩さと
 
大腿四頭筋
(膝を伸ばす筋肉)
の力が弱いことが
原因です。
 
 
この状態のまま
成長してしまうと
 
 
 
学童期になって
大変なことが起きるんです!!”(-“”-)”
 
 
 
 
それは
 
「膝蓋骨脱臼」
 
 
 
 
お皿の骨が
外に外れてしまうんです!
 
 
 
こうなったら
痛くて動けません
 
膝が動かなくなってしまいます。
 
 
自然に整復されることもあるのですが
 
時々
お皿の骨が割れてしまいます…
 
 
つまり骨折です。
 
 
 
 
習慣性に 外れたり もどったり
する場合もあります。
 
 
 
 
どちらも根本的な治療は
手術です。
 
 
こうならないために
どうしたらよいか?
 
 
 
反張膝や
X脚を
作らないことです。
 
 
そのためには
 
まずは大腿四頭筋を鍛えること!
 
 
膝の筋肉をしっかり使った
立ち上がり動作や
 
階段昇降も有効ですね。
 
また、
 
膝を曲げる使い方を
浸透させるためにも
 
四つ這い移動をしっかり経験しておくこと!
 
 
 
そして
 
反張膝を防ぐために
 
歩き始めは
靴はハイカット
+足首の後ろ部分にクッションをつけて
膝を前に出す工夫をします。
 
 
X脚は、扁平足によって
さらに悪化しますから
 
扁平足もちゃんと直す!
 
そのためのインソールも使用する!
 
 
 
「先のことを考えながら
運動発達を促す」
 
 
これが本当に大切です!
 
ではまた(^^)/
 
 

ダウン症児の運動発達-速さより質!-

さて今日はダウン症の運動発達 2回目です!
 
 
一般的な赤ちゃんは、
 
定頸獲得 3~4か月
寝返り獲得 5~6か月
 
が平均でした。
 
ダウン症児は
 
定頸獲得 3~14ヵ月 平均6カ月
寝返り獲得 1~24ヵ月 平均7カ月
 
これは、私が療育センターとクリニックの
 
両方で今までに診せていただいたダウン症児
 
約250名を、調査した結果です。
 
ここでは、2つのことに気が付きます。
 
 
1.ダウン症児は、獲得できる月齢に、ものすごく幅があること。
2.ダウン症児は、寝返りがすごく早くできるようになる子がいる。
  つまり、定頸よりさきに、寝返る子もいる!
 
 
但し、
 
この寝返り、
 
健常児と同じやり方とは限りません。
 
 
首をそらせて、反りを利用して行う寝返り。
 
なんと定頸前に、できるようになる児もいるんです。
 
 
 
 
 
そして、うつ伏せで、顔を上げることが出来る様になっても
 
ちょうど前を安定してみるのではなく、
 
首を反らせすぎて
あごを挙げ
上を向き、
下目使いで前を見ている児も たくさんいます。
 
これ、定頸とは言えません。
 
 
 
首のまわりの筋肉すべてが
 
バランスよく働いて
 
ちょうどよいところで、お顔を止めることができ、
 
自分の思い通りに、くびを動かすことができないと
 
定頸とは言えません。
 
 
これ、ダウン症児には、少し時間がかかります。
 
でもゆっくりでいいんです。
 
獲得の速さより
運動の、質が大切!
 
 
 

ダウン症児の運動発達の特徴:始歩

ノーベル医学生理学賞、
日本人の 本庶佑教授が
受賞されました!

がんの治療で最先端の
がん免疫療法
オプジーボを開発した方です。

すごい…!!

日本人って、本当にすごいですね!

世界に誇れる(*^▽^*)

なんだか
すごく嬉しいです。

そして
本庶先生の言葉が、
また素晴らしい!

「あんたの薬のおかげで元気になれた」と言われるのが
どんな賞よりも 喜び

素敵ですね。

でも
本当にそうだと思います。

医者なんて 多分きっと
患者さんの喜びの声を聴くことが
何よりの生きるエネルギー、
頑張りの報われる瞬間です。

まあ、どんな仕事も
そうですよね。

さて今日から、ダウン症児の運動発達の特徴について

少しずつ お話しします。

ダウン症児は低緊張って話は
以前にしましたね。

低緊張なために、運動発達は皆ゆっくりです。

一般的に、健常な赤ちゃんの始歩は
1歳ごろです。

ダウン症児の場合、

私が説明するときは

「だいたい2歳代で歩けるようになる子が多いですよ。」

とお話しします。

2歳の前半の子もいますが

3歳前の子もいます。

中には6歳で、やっと歩くようになった子も。

大きな合併症、例えば

 重度の心疾患とか
 てんかんとか
 脳性麻痺など

それらを合併していなければ

ほぼ100% 歩けるようになります。

だから心配しなくて大丈夫‼(*^-^*)

始歩は早ければいいと思いがちですが

そんなことはないので

焦らない(^.^)
焦らない(^.^)

運動獲得の速さではなく、
運動の質が問題です。

ただ、4歳以上までなかなか歩けるようにならなかった場合、

筋緊張の低さが かなり強い場合が多いので

その後の整形外科的合併症には

注意が必要です。

 
これから少しずつ

運動の質の話もしていきますね!

ダウン症児の育児

今日はダウン症の育児に大切なこと
お伝えします(*^-^*)

以下の5つは、ダウン症児がいつも言われる言葉として
教えていただいたものです。

がんばって!

ちゃんとして!

はやくしなさい!

おりこうさんにして!

何度言ったらわかるの!

・・・・・(-_-;)

これはダウン症児ではなくても
子どもたち全般に言えることかも。

がんばって! ではなくて
 何をどう頑張って!と具体的に言いましょう。
 「この宿題を、1ページ頑張ってやってみようね。」

ちゃんとしなさい!  は
 ”ちゃんと” がどんな感じかわかりません…

はやくしなさい!  は
 どれくらいのスピード??
 「今から10数える間に できるかな?」

おりこうさんにして!  って言われても
 ”どうすると、おりこうさんなのか” がわかりません。

何度言ったらわかるの!  って言われても
 僕だって、わかるようになりたい…(/_;)

これでは、ちゃんと伝わらないばかりか

否定的な言葉をたくさん浴びて
 
自分を否定するようになってしまいます。

”自分はおりこうじゃないんだ。 何度言ってもわからない、だめな人間だ。”

そんなふうに感じて育ったら

子どもたちの、あの最高の笑顔が 
消えてしまいます…

現にダウン症児は、成長するにつれ

徐々に笑顔がへり

肩を落とし

背中を丸めて歩くようになる子が多い。

理由は、ダウン症児の身体の特徴でもあるのでしょうが

彼らの心も 全く関係ないとは思えません。

私が考える、
障がい児の育児にとって 大切なこと、
それは

「愛情」はもちろん

「承認」

「笑顔」

これに尽きると思います。

この話はまた別の機会に…

今日も読んでくださって
ありがとうございます!(^^)/

ダウン症児の知的能力と性格

ダウン症についての7回目。
知的能力の特徴と、性格についてです。

ダウン症児の知的能力の特徴として、

 数の概念が弱い
 生活習慣能力が高い
 移動能力も高い
 目で見て判断し、目で見て手で操作することが得意
です。

では性格は?

 明るくて、純真、素直、優しい、
 協調的で社交的、
 人なつこくて愛想がよい
 模倣がうまい!   といった面と、
 
 頑固でこだわりがあり、融通が利かない
 わがまま、動作が遅い
 気分のむらがある
 気持ちや場面の切り替えがうまくない、
 といった面も。

これらは一見矛盾する印象ですが、
相手や状況、場面によって
これらの要素が絡み合って表出するとのこと。 by橋本先生

なんとなく、うなずけちゃいますね。
人間って、誰でも
良い面と、それを裏返した悪い面と
両方ありますよね。

”動作が遅い”は、”几帳面” だったり
”活発”は、”落ち着きがない” だったり

だから、その性格の、良い面が出せるように
社会生活を過ごしやすくなるように
外からの働きかけで、
誘導出来たらいいですよね。

これはダウン症に限らず
子育て全般に言えること。

大人育てにも、自分育てにも
きっと共通しているのでしょうね。

ちなみに私の性格は
 素直:すぐに信じる 騙されやすい
 一途:周りが見えない 空気読めない 気がつかない
 社会に貢献するため、努力を惜しまず突き進む:わがまま 家庭を放棄 家族に迷惑 (;^ω^)

失礼いたしました。

あともうひとつ、お伝えしたいことがあります。

よく、
「この子はダウン症だから、頑固で…」
とか、
「ダウン症だから顔が…」
っていうご家族がいらっしゃるのですが

染色体が一つ多いだけ。

すべては、
もともとお母さんとお父さんからもらった遺伝子です。

親御さんにそっくりなところ 
いっぱいありますよ!(*’▽’)

ダウン症の合併症

今日はダウン症の6回目 
合併症についておはなしします。
 
といっても、私は整形外科医なので
内科の話はあまりわかりません。ごめんなさい。
 
合併症について、
わかる範囲でお伝えしますね。
 
生後すぐにわかるものとして
心疾患の合併が挙げられます。
 
これは約半数にあると言われています。
心臓の根治術をすることで、多くは非常に元気になり
ダウン症児の中でも、
特にゆっくりだった運動発達が、
術後に目覚ましく改善することがほとんどです(*^^*)
 
また、末梢の循環が良くないことも多く、
手足が冷たく
下肢の網状皮斑をよく見ます。
 
次に、易感染性には注意が必要です。
呼吸器感染症になりやすく 
肺炎に移行しやすいと言われています。    
 
甲状腺機能低下症も時々あるようです。
甲状腺自己抗体陽性者が、一般の2~3倍と言われています。
 
難聴も有名ですね。
外耳道が非常に細く、中耳炎になりやすいことも
原因の一つでしょう。
 
 
白血病の発症頻度は、一般人の20倍と言われています。
 
そして、アルツハイマー病との関連も、研究されています。
 
一般に、ダウン症は、老化が早いと言われています。
30~40歳台で、すでに老化が進み、
体力低下、外見的老化、認知症も進むといわれます。
 
 
身体的特徴として
低身長
肥満になりやすい
 
等も知られていますね。
 
しかし、ダウン症の生命予後は
医学の進歩に伴い
近年大幅に延長しています!
 
1960年代には20歳程度だったそうですが
1981年のデータでは、40歳。
現在は、60歳を超えると推測されています!(*’▽’)
 
 
 
今日はこれくらいで。
 
読んでくださって ありがとうございました!
 
 

ダウン症児の知的障害

こんにちは!
今日はダウン症の5回目
ダウン症の知的障害について です。

知的障害の程度は、ダウン症児の中でも様々で、
IQ 30から70くらいまで広範囲に広がっています。

軽度(IQ,DQで50~75)から中度(25~50)の知的障害が多いようです。
ただし、年齢が上がるにつれて、健常児との差は開いてしまい
IQも下がってしまいます。

ちなみにIQは知能指数(intelligence quotient)と言って、
「同年齢の集団においてどの程度の発達レベルなのか」を把握するため、
年齢別の平均値を基準として算出したものです。
一番多い集団が100(平均的)ですね。
70以下が知的障害と言われます。

DQは発達指数(developmental quotient)と言い、
種々の発達検査で分かる
「発達年齢(発達の状態がどのくらいの年齢に相当するか)」を
「生活年齢」で割り、100を掛けて算出します。
これも平均的な発達だと、100くらいです。

ダウン症児のIQは、年齢が上がるにつれて下がってしまいますが、
決して発達が停止するわけではなく、
精神年齢はちゃんと上がっていきます(*^-^*)

但し、中学くらいで頭打ちになることが多いようです。

さてさて最近は、
9割のダウン症児が幼児期、一般の保育園や幼稚園に通っています。

小学校1年生の段階では、2~4割のダウン症児が
通常学級に通っているそうです。

中には中高まで、通常学級で教育を受けている子もいる子も!

言語発達については、
単語から談話レベルは、獲得できますが、
単語での会話が中心で、
意味のある言葉を獲得できない児も5~10%いるようです。

学習能力については
ことばや記憶、数の概念などに比べて
社会性、視覚的判断や、目と手の協調運動などが
比較的得意なことが多いようです。

耳から入る刺激より
目から入る刺激に強い!

だから耳で聞いて覚えるより
目で見て覚える方が得意です。

聴覚障害の影響もあるのでしょうね。

そして手先は器用(‘;’)

そういえば、
ダウン症のなかには
書道とか、
芸術の分野で大活躍している人もいますね!(*’▽’)

社会性は幼少期、本当に優れていますよね!!
とにかく愛想がよくて 可愛い(*^。^*)
健常児の比ではありません!(^^)/

今日の話は、先日のダウン症の講義
橋本先生のお話から
たくさん引用させていただきました。

ではまた!

ダウン症児の身体的特徴

今日はダウン症についての4回目
ダウン症児の症状と合併症についてお話しします。

ダウン症児の症状として、大まかに3つに分けてお話しします。
① 身体的特徴
② 知的障害
③ 合併しやすい病気
です。

まずは①身体的特徴について
ダウン症と言えば、からだが柔らかい、ということは
多くの方がご存知と思います。
筋力が弱く、筋肉や結合組織、関節の袋や靭帯など、からだを構成する要素が柔らかく、伸びやすいといった特徴があります。
一言でいうと、筋緊張が低下していて、関節弛緩性がある、ということです。

ダウン症に限らず、精神発達遅滞の子どもさんは、
脳性麻痺などの神経学的な異常がない場合、
多くは筋緊張が低下しています。
中でもダウン症児は特に柔らかいことで有名です。

なのでダウン症の赤ちゃんは、
柔らかくて、気持ちよくて
私は抱っこさせてもらうのが大好きです(;^ω^)

さてさて関節弛緩性と言えば、5つの指標が有名です(Carter徴候
 足関節・膝関節・肘関節・手関節・母指の5か所で調べます。
関節の袋が伸びやすいため、過剰に動いてしまうということです。
5か所のうち3か所緩ければ、関節弛緩性がある、と言います。
ダウン症に限らず、この関節弛緩性を持っている方は
健常児でもいらっしゃるんですが、
関節の緩さのために、外反扁平足になったり、足首の捻挫を繰り返したり
肩が外れやすかったり、股関節も外れやすかったり
X脚になりやすく、膝蓋骨脱臼を起こしやすかったり…
あまりいいことはありません。

最近は、体が柔らかいことを推奨する傾向があるようですが、
柔らかすぎるのも、問題です!

かなりお話がそれてしまいました( ;∀;)

ダウン症の発症頻度

こんにちは!
今日はダウン症の発症率についてお話しします。
 
ダウン症児の生まれる確率は、出生1000~700に対し1名くらい
と言われています。
最近は、女性の出産年齢が高くなったことが影響し
出現率が高くなったと言われます。
特に東京などの都会では、その傾向があるようです。
 
また、医療技術の進歩も、この増加を加速しています。
心疾患など、重篤な合併症を持ったダウン症児も
ちゃんと生まれることができるようになった、ということですね。
 
 
今、さらっと言いましたが、
出産時の年齢が高くなると
さまざまなリスクが発生します。
その一つが、子どもの染色体異常です。
 
染色体異常の発症する頻度は、
日本では全体で約200出生に対し1人です。
つまり1学年5クラスくらいの学校では、一学年に1人いる計算です。
出産時の年齢が40歳以上では、なんと50人に1人の発症率です。
 
ダウン症においては、
45歳以上の母から生まれたこどもの
30人に1人がダウン症、と言われています。
 
思っていた以上に多いのではないでしょうか?
 
 
ちなみに
 
宝くじに当たる確率 1等 1,000万分の1
パチンコで大当たり    400分の1
四葉のクローバー発見   10,000分の1
65歳で心筋梗塞発症    約100人に1人
 
だそうです…(-“-)
 
染色体異常のBabyが生まれるって
ぜんぜん珍しい事じゃないって 感じませんか?
 
ではまた!