斜頸の直し方

前回、斜頸についてお話ししました。
 
 
では、先天性筋性斜頸であった場合、
どんなふうに治療するのでしょう??
 
 
 
まずは
 
斜頸枕!
 
 
 
斜頸が強いと、赤ちゃんは 
上を向いて寝ることがなく、
 
常に同じ方向ばかり向いてしまいます。
 
 
 
赤ちゃんの頭蓋骨は、まだ柔らかいので、
 
下になっている方の頭が
ぺしゃんこになってしまいます(+_+)
 
そうなると、その形のせいで、
ますますそちらに向いてしまう。
 
 
 
その悪循環を断ち切るため
 
タオルを折ったものや、
ドーナツ枕など
 
向いてしまう方の頭の下に入れて
正面を向かせるのですが、
 
 
そう簡単にはいきません。
 
 
身体ごと、向き癖と反対を向かせるように
布団を身体の下に左右の半分入れるとか。
 
 
それでもなかなか難しい・・・(+_+)
 
 
 
その場合、
 
大きなスポンジの塊を、
頭の形に削って
枕を作るんです。
 
これが
 
「斜頸枕」です!
 
 
 
これ、とっても有効です(^^)/
 
 
ちゃんと正面を向いてくれます。
 
 
ただし!
 
 
寝返りするようになったら
脱出してしまうので
 
もう使えません・・・(;^ω^)
 
 
 
 
もう一つの方法として
 
赤ちゃんができるだけ自分で
反対側を向こうとするように、
工夫します。
 
 
 
たとえば、
 
おかあさんなど、家族は、 
向き癖の反対側に寝る!
 
抱っこや 授乳の向きも考える!
 
おもちゃであやすときも、反対側から。
 
 
 
そんなことをしながら 
 
ストレッチもします。
 
 
無理なく
ゆっくり
少しずつ
 
首の向きを誘導します。
 
 
これはちょっと怖いかもしれませんね。
 
 
しっかり専門医の指導の下に
行いましょう!
 
 
3か月頃からは
 
うつ伏せにするのも効果的です。
 
 
うつぶせの時間が増えると
頭の形も改善しやすくなります。
 
 
 
ただし、
 
首がしっかり座るまでは
お母さんの目の届く時だけにしてくださいね!
 
 
次回は、斜頸の影響について
お伝えします。
 
今日も読んでくださって
 
ありがとうございます(*’▽’)
 
 

斜頸

 
前回までに
股関節脱臼・内反足と、
赤ちゃんの時に起きる整形外科疾患について
お話ししてきました。
 
 
もうひとつ、赤ちゃんの時に問題になる
整形外科疾患 と言えば
 
 
斜頸」です。
 
 
斜頸とは、
 
首から頭が、体に対して傾いていて
同じ方向ばかり向いてしまう状態です。
 
 
 
新生児から乳児であれば
 
同じ向きばかりしていることで
頭の形がひずんでしまいます。
 
(3歳くらいまでに、
徐々に改善することが多いです。)
 
 
 
いわゆる「向き癖」との違いは
斜頸は
筋肉の異常である、ということです。
 
 
「先天性筋性斜頸」では
 
 
「胸鎖乳突筋」という筋肉に
(これは左右1対、つまり2本あるのですが)
 
片方だけに筋肉の中にしこりができて
筋肉が伸びにくくなり
 
引っ張られてしまうことで
首の動きが悪くなっています。
 
 
 
右の胸鎖乳突筋にしこりができると
顔は左を向き
首を右に傾けます(あごが左上に上がる感じです。)
 
 
 
この「しこり」
 
生後2~3週で最も大きくなり、
その後1歳半ごろまでに
自然に無くなっていくことが多いのです。
 
 
 
ところが
 
ときに残ってしまい
首の傾き、動きが制限されたままのことがあります。
 
 
 
その場合、
1歳半頃 手術することもあります。
 
 
ただ、実は斜頸にも、いろいろありまして
ときに、首の骨の奇形が原因のことも。
 
乳幼時期以降に目立ってきたとしたら
 
視力の問題であったり
(片方の目が見にくい場合)
麻痺があったり
痛みを伴い、急に首が傾いて、動かせなくなった場合は
炎症の場合もあります。
 
 
環軸椎回旋固定、という疾患だったり
環軸関節の亜脱臼の場合も。
 
 
とにかく、急になった場合は
急いで整形外科に行きましょう!!
 
 
 
次回は斜頸の治療をお伝えします。
 
 
今日も読んでくださって
ありがとうございます!(*^-^*)
 
 

医者の選び方ー足を診てもらうー

今日は医者の選び方  なーんて
恐ろしいテーマ”(-“”-)”
 
第1弾
 
「足を診てもらう」
 
でお話しします。
 
 
 
ブログに こんなことを書くからといって
自分がものすごく 偉い医者だと
自慢しているわけではないので
 
誤解しないでください。
そんなことは全然ないです。
 
 
 
ただ
医者には 誰にも専門分野があって
 
その専門分野については
勉強もすごくするし
最新の知識を学ぶ努力もする。
 
患者さんもたくさん 経験させていただける。
 
だから自信もある程度あるし、
こだわりもある。
 
 
 
他の医療機関での治療方針も
気になります。
 
えっ??
 
と思う部分があったり
 
患者さんにとって それが最善ではない と思うと
 
「このまま 黙っていていいのだろうか?」
 
悩んでしまいます。(-_-;)
 
 
 
私の場合、
 
肢体不自由の障害について、と
足について
そして姿勢や歩行を診ることについては
 
自分にとっての「専門分野」と思っています。
 
 
 
 
自分の専門分野として
装具としてのインソールを
たくさん作ってきました。
 
 
 
最近、健康保険を使って 
インソールを作ることに対し、
 
各健康保険組合は
非常に厳しくなっています。
 
 
 
その背景には、
 
医者が自分でちゃんと診察し、
装具の必要性を判断し、
作製に関わり、
治療効果もしっかり評価していく
 
 
そういった
あたりまえのことをせず、
 
 
 
業者任せに
足のことも知らないのに
保険請求している
 
困った医者がいることが
原因の一つのように思います。
 
 
 
もちろん
 
そんな風に作られた装具では
ちゃんとした治療になっていない。
 
 
 
 
では
足を診る、という観点からの
 
医者選びのコツを教えます。
 
 
 
それは
 
 
じゃじゃーん!!
 
 
 
 
 
 
レントゲンは、立位で撮る!!
 
 
 
もちろん
骨折を疑う場合や、骨の病気を疑う場合、
立位でなく、臥位で(寝て)とることもあります。
 
 
 
まだ立てない患者さんは、もちろん立位では撮りません。
 
 
 
ですが、
 
外反扁平足や
外反母趾
 
 
といった、
変形を診断するには
 
立位でなくてはだめです!!
 
 
正しい評価になりません。
 
 
 
外反扁平足の足で
 
立っていないとき(非荷重)、
内側アーチができていても
 
立つと(荷重位)、強く外反し、
内側アーチがまったくなくなり、
踵が内側に倒れこんでしまう・・・
 
こういうことはよくあります。
 
 
これも、程度によっては、
ちゃんと治療しなければいけません。
 
 
 
 
立って歩く時の足の形が 悪いから
色々な症状を出すわけで、
 
寝ている形では、
それを評価するレントゲン写真は
撮れないんです。
 
 
 
 
先日、少し遠くから通院され、
当院でインソールを作っていた患者さんが
 
足の痛みがあって 近医を受診し
 
「ここでもインソールを作れるよ」
 
と そのDr.に言われたので
近医に転医したい、
 
との相談がありました。
 
 
患者さんが説明を受けた 足のレントゲンのコピーを
見せてもらって 目が点に・・・(*_*)
 
 
レントゲンは、非荷重、
それも、斜めの方向から撮ったもの。
 
それに線を引いて
「外反母趾が気になる」と言われたと。
 
 
外反母趾なんて、その子はないのに・・・(+_+)
 
 
 
申し訳ないですが
そこへはご紹介できません。
 
 
 
別の、信頼できる整形外科へ
ご紹介させていただきました。
 
 
 
たとえ、他院へ移られるとしても
 
最後まで
ちゃんと、患者さんにとっての
ベストを
考えてあげたい。
 
 
そう思っています。
 
 
 
ポイントです!
 
 
足の変形を診断するには
 
「レントゲンは、立位で撮る!」
 
 
 
そして、
 
装具は
 
装具をつくる業者がいれば
作れるのでは有りません!
 
 
 
装具は治療手段!
お薬と一緒です。
 
医師が責任もって ちゃんと診察し
指示を出し
 
仮合わせや、出来上がりのチェックを
医師自らが、しっかり行う
 
 
 
そういうところで
作製しましょう!
 
 
 
装具の話になると
 
つい熱くなってしまいます。(^-^;
 
すみません。
 
 
 
 
 

先天性内反足

小児整形外科疾患のなかで、

生まれてすぐ、乳児期に治療が必要な、
3つの疾患

それが

① 股関節脱臼
② 先天性内反足
③ 筋性斜頸

です。

①は、もう皆さん おなかいっぱいだと思うので

今日から、やっと ②番です。

先天性内反足は、生まれてすぐに、すぐわかります。

これって内反足??

って
迷うような場合

大抵は、先天性内反足ではありません。

足が内側に向いているだけではなく

尖足を伴い、

簡単には元の形に戻りません。

病気の基本は
 
①足の変形
②軟部組織の短縮・拘縮
③成長障害

この3つからなり、

足の変形要素として

① 内反(足の裏が内側を向く)
② 内転(足の先が内側を向く)
③ 尖足(足が下を向いている)
④ 凹足(足の裏がへこんでいる)

この4つからなります。

原因は不明

頻度は約1000人に1人、と言われています。

両足のことが多いのも特徴です(約半数)。

産科の先生から、ご紹介いただくことが よくありますが、

真の先天性内反足だったのは、開業してからまだ一人だけです。

これはすぐに治療しないといけない病気です!

続きは次回に…

障害と股関節脱臼

今日のテーマは、「障害と股関節脱臼」です。

肢体不自由、つまり歩けない、座った姿勢を維持できないと言った
運動機能の障害をお持ちの方は、
大人になり、年齢が上がるに従って、
機能がますます低下してしまう、
いわゆる二次障害が出現してきます。

二次障害の中で、非常に頻度の高いものとして
股関節脱臼があげられます。

これは脳性麻痺に限らず、
二分脊椎、筋疾患、その他
筋力に異常をきたす疾患には、全て
股関節脱臼のリスクがある、
といってもいいかもしれません。

先日までお話ししてきてた
障害児ではない、乳児期の股関節脱臼は、
臼蓋の形や、
母のおなかの中、
あるいは生まれてからの足の位置(肢位)が
原因でした。

これに対し、肢体不自由の障害では、
股関節を支える筋肉の問題で、
脱臼、亜脱臼を起こしてくることが多いのです。

そのパターンには、大きく2種類があります。

一つは、筋力が弱すぎる場合。

大腿骨頭を、骨盤の屋根、臼蓋にしっかり押し込む筋肉として、
股関節外転筋群、伸筋群などが特に重要です。

これらが弱いと、股関節を90度以上屈曲していった時、
大腿骨頭が臼蓋の後ろにずれ、
脱臼を起こします。

屈曲に内転が加わると、さらに脱臼しやすくなります。

例えば、下肢の筋力の低下する、
筋ジストロフィーその他の筋疾患、
二分脊椎、その他染色体異常、
ダウン症も然りです。
(ダウン症の場合、臼蓋の形態にも少し特徴があるのですが)

股関節脱臼を来すもう一つのパターンは、
筋力不均衡、筋緊張の亢進です。

股関節は、開いておくと安定するのでしたね?

筋力の不均衡が起き、
股関節内転筋群の力が、
外転筋群の力より強くなると、
大腿骨頭は外にずれてきます。

脳性麻痺の痙直型では、
内転筋群の筋緊張が亢進し、
内転位を取りやすくなることで、
高頻度で、股関節亜脱臼や脱臼を起こします。

痙直型に限らず、
股関節内転位をとっていることが多い場合、
常に股関節の異常について
意識する必要があります。

例外として、
四肢麻痺で、最重度の障害の方で、
股関節が開排位で硬くなっている場合、
大腿骨頭が前方に脱臼してくることがあります。

股関節の外転(開排)拘縮も、
脱臼の原因になってくるのです。

私の日々の診療では、
ほとんどの場合、
股関節を触診させていただいています。

それくらい、常に気をつけなければいけない
合併症です。

股関節脱臼の治療

本日は、股関節脱臼の治療について
お話しします。

生後3~5か月頃
股関節脱臼或いは亜脱臼、臼蓋形成不全のある場合

”リーメンビューゲル(Rb)” という
ベルトをはめます。

このRb法、1957年に、チェコスロバキアのDr.Pavlikが発表したものですが、

これが本当に画期的な治療法なんですね!!

 
というのは、それまでの脱臼の治療は

「はめて、ギプスでがっちり固める」

という方法が主流でした。

これ、主にLorenz法というんですが、

このLorenz法だと、脱臼が直ってから

なんと骨頭が死んでしまう!(骨頭壊死)という合併症が

非常に多く起きていました。

脱臼整復操作や、固定している間に、
骨頭への血流が阻害されるのでしょう。

これでは脱臼が直っても、
次の試練が待っています…((+_+))

ところが、Rb法では、骨頭壊死がほとんど起きない!
と言われています。

「下肢を動かすことによる筋力作用で、自然整復される」

すごい方法ですね!!

うちのクリニックでも、
RB法を行っています。

つけ始めてしばらくは、
ベルトを外せません。

その間、お風呂に入れられないので
クリニックでからだ拭きをします。

週に2~3回、通っていただくのですが

これが私たちには とても楽しみ(*^^*)

赤ちゃん 可愛いんですもの…(^-^;

不謹慎ですね スミマセン。

今日はここまで。

読んでくださって、ありがとうございます。

股関節脱臼の治療:Rb法

股関節脱臼の治療について
お話しします。

生後3~5か月頃
股関節脱臼或いは亜脱臼、臼蓋形成不全のある場合

”リーメンビューゲル(Rb)” という
ベルトをはめます。

このRb法、1957年に、チェコスロバキアのDr.Pavlikが発表したものですが、

これが本当に画期的な治療法なんですね!!

 
というのは、それまでの脱臼の治療は

「はめて、ギプスでがっちり固める」

という方法が主流でした。

これ、主にLorenz法というんですが、

このLorenz法だと、脱臼が直ってから

なんと骨頭が死んでしまう!(骨頭壊死)という合併症が

非常に多く起きていました。

脱臼整復操作や、固定している間に、
骨頭への血流が阻害されるのでしょう。

これでは脱臼が直っても、
次の試練が待っています…((+_+))

ところが、Rb法では、骨頭壊死がほとんど起きない!
と言われています。

「下肢を動かすことによる筋力作用で、自然整復される」

すごい方法ですね!!

うちのクリニックでも、
RB法を行っています。

つけ始めてしばらくは、
ベルトを外せません。

その間、お風呂に入れられないので
クリニックでからだ拭きをします。

週に2~3回、通っていただくのですが

これが私たちには とても楽しみ(*^^*)

赤ちゃん 可愛いんですもの…(^-^;

不謹慎ですね スミマセン。

股関節脱臼と亜脱臼の違い

こんにちは!
今日は股関節脱臼・亜脱臼の区別について
お話しします。

なんとなくはわかるけど
実は難しいんですね、これが。

亜脱臼とは
完全に外れてはいないけれども
関節の袋が大きくなっていて
関節面がずれている状況。
或いはずれやすくなっている状況、と言えばいいでしょうか。

正確には、股関節の場合、
関節唇、という軟骨が
骨盤の屋根から外に伸びてついていて
大腿骨の頭を包む骨盤の屋根を大きくしているのですが

この関節唇の飛び越えて、骨頭が逸脱してしまうと脱臼、
関節唇を乗り越えていなければ亜脱臼、
といった見解です。

但し、実はこの関節唇、
レントゲンには映らないんですね(‘;’)。

なので厳密にいうと、
関節の中に造影剤を入れてレントゲンを撮る、
関節造影検査とか、
MRI検査などをしないと
区別がつかないこともあります。

もちろん、骨頭の位置が、レントゲン上
大きく臼蓋(骨盤の屋根)から飛び出していれば
レントゲンだけで充分診断がつきます。

完全に脱臼しているか
それとも亜脱臼なのかによって
治療方法が変わってきます。

だからその鑑別は、とても重要です。

触診上、簡単に整復される(元の正常な位置に戻る)場合、
亜脱臼のことが多いです。
ただし、整復されるときに
”クリック”と言われる手ごたえがある場合、
亜脱臼といえど
ずれは大きいことが予想されます。

以上は赤ちゃんの股関節脱臼だけでなく
脳性麻痺など
肢体不自由の方に起きやすい股関節脱臼についても
同じです。

今日はぜひ、股関節・関節唇で画像検索してくださいね!

股関節脱臼の診断

こんにちは!
 
股関節脱臼について
もう皆さん かなり詳しくなりましたね!
赤ちゃんをみたら、きっと
姿勢が気になってしまいます(;^ω^)
 
 
今日は診断についてお話しします。
 
股関節が心配で、受診されると
私はまず、あおむけの姿勢を観察します。
 
向き癖強くないかな?
(これを確かめるために、頭の形を触ってチェック!
むき癖の強い方の後頭部は、平らになっているんです!)
 
斜頸はないかな?
(これがある場合、向き癖を取ることが難しいので
斜頸への配慮も必要です。)
 
 
足は両方よく動かしているかな?
 
 
次に開排制限をチェック
 
Allis signといって、
両膝を立ち膝のようにして
膝がしらの高さを左右で比べます。
 
これで左右差がある場合
低い方の足が短いか、
低い方の股関節がずれている
つまり脱臼あるいは亜脱臼(はずれかけ)
している可能性があります。
 
次に股関節の不安定性を触診します。
これは皆さんはやめてくださいね!
頻回に行ったり やり方が悪いと
股関節を悪くしてしまうことがあるんです(*_*)
 
 
そして次に運動発達がどれくらい進んでいるかをチェック
 
うつ伏せにして、頭はどれくらいあがるかな?
 
月齢相当の発達(運動・精神)が進んでいるかな?
 
下肢腱反射もチェック
 
ATNRは出ていないかな?
 
異常な筋緊張はないかな?
 
これらは、股関節の異常を引き起こす原因として
ベースの疾患がないかを確認しています。
 
とういのは、
例えば脳性麻痺とか、筋疾患とか
神経や筋肉の異常があることで
股関節が外れやすくなっている場合もあり、
 
その場合、股関節だけ治療しても
よくならないので、
 
ベースの疾患に対しても、
一緒にアプローチしていかないと
いけません。
 
そうそう。
股関節脱臼の患者さんは
筋肉が柔らかい、つまり低緊張なことが多いんです
 
だから低緊張からくる他の疾患も
合併してくることがあります。
 
おなかの中の肢位が悪かったこと
股関節脱臼の原因だった場合
別の変形も一緒におこしていることもあります。
 
例えば 
内反足や 外反踵足といった足の変形、
立つようになると
扁平足など…
 
脱線しました(^-^;
 
 
 
さて これだけ診察室で観察した後、
 
最後に
月齢によっては超音波エコーで検査
或いはレントゲン撮影をします。
 
「なんだ、最初っからレントゲン撮ればいいじゃん!」
って思いました?
 
でも、それだけだと
見落としてしまうことがたくさんあるんです。
 
なぜなら、レントゲンは、
その瞬間をとらえるだけです。
関節の緩さや、その子の背景の状態(ベースの疾患)などは
レントゲンではわかりません。
 
ですから
私はこれだけのことを、いつも行っています。
 
そして 患者さんにとってのベストな治療
診察頻度などを考えます。
 
 
 
次回は治療についてです。
 
ここまで読まれた皆さんは
もうすっかり股関節博士ですね!
 
今日もお疲れ様でした~(*’▽’)
 
 

赤ちゃんの股関節脱臼を予防する

今日は股関節脱臼の予防について、お伝えします(^^)
 
前回、股関節脱臼の危険因子についてお伝えしました。
結局大切なことは、
足の動きを妨げないこと!
そして向き癖をつけないこと!
 
遺伝とか、女児とか(当たり前!!)は、自分ではどうしようもないし、
おなかの中にいるときの環境を変えることもできないし、
逆子にしないっていうのも、そんな簡単なことじゃないですから。
 
さてさて、そもそも股関節が安定する(つまり外れない)姿勢って
どんな姿勢でしょう??
 
股関節は、骨盤にある「臼蓋」という部分、
これは真ん丸にえぐれた穴みたいな形です。
ここに大腿骨(太ももの骨)のまん丸の頭が
ポコってはまっているんです。
 
臼蓋は、斜めに開いているので、
大腿骨の頭は、斜め外からこの穴にはまるのですが
足が開いていると、しっかりはまりやすくなり
足が伸びて真っすぐになっていると、
頭がしっかり入りきらなくて
不安定になるんです。
 
 
できることは、
 
① おむつの当て方!
最近は、布おむつを使う人がすごく減りました。
布おむつも、足を開いておく効果は高かったと思うんです。
今は紙おむつになって、足があまり開いていないことが多いです。
その分、しっかり動かせるように、おむつは上の方で留めましょう。
おむつを当てたら、股関節で下肢がしっかり動くか、確認してください。
おむつが邪魔していませんか?
 
しっかり開くこと+しっかり動かせること(キックキックできること)が大切!
 
そしておむつを替えるときにも配慮が必要です。
両足くびを片手でまとめてつかんでお尻をあげるのは、ダメ!!です!
股関節が、ますます緩くなってしまいます!
(緩くなる→抜けやすくなる!!)
お尻の下に手を入れて、そっと持ち上げてくださいね!
 
② 衣服の着せ方!
   これもおむつと同じです。
   足がちゃんとよく動くデザインにしましょう。
   なんと、秋冬に生まれた子どもには、股関節脱臼が多いんです!
   服が厚着だから、と言われています。 
   そんなことで、脱臼するんです!怖いですね…
 
③ 抱き方!
   横に抱っこするときは、必ず股に手を入れて、しっかり開くようにしましょう。
   3ヵ月までの赤ちゃんは、まだ首がしっかりしていないので、
   横抱きにすることも多いと思います。
   おっぱいを飲ませるときも、そうですね。
 
   縦抱きにするときは「コアラ抱っこ」!足をM字にすることが大切です。
   ergoっていう抱っこ紐がありますね。
あれは足がM字にしやすくて、いいと思います。
スリングは、股関節も膝関節も伸ばす姿勢で使用すると、
股関節脱臼の原因となるので、十分注意してください!!
 
④ 向き癖をなおす!
赤ちゃんをあおむけで寝かしていると、いつも同じ方向を向きたがることがあります。
これを「向き癖」っていうのですが、
これがくせ者!!
 
これ、話始めると長くなるので、次回にします(*^^)v
 
今日のお話しは、小児整形外科学会が出している動画を見ると、理解が深まると思います。
早期発見のポイントもわかります!
是非!
 
「股関節脱臼予防と早期発見」アニメーション動画 「赤ちゃんの病気、股関節脱臼」で検索できます。