赤ちゃんの股関節脱臼を予防する

今日は股関節脱臼の予防について、お伝えします(^^)
 
前回、股関節脱臼の危険因子についてお伝えしました。
結局大切なことは、
足の動きを妨げないこと!
そして向き癖をつけないこと!
 
遺伝とか、女児とか(当たり前!!)は、自分ではどうしようもないし、
おなかの中にいるときの環境を変えることもできないし、
逆子にしないっていうのも、そんな簡単なことじゃないですから。
 
さてさて、そもそも股関節が安定する(つまり外れない)姿勢って
どんな姿勢でしょう??
 
股関節は、骨盤にある「臼蓋」という部分、
これは真ん丸にえぐれた穴みたいな形です。
ここに大腿骨(太ももの骨)のまん丸の頭が
ポコってはまっているんです。
 
臼蓋は、斜めに開いているので、
大腿骨の頭は、斜め外からこの穴にはまるのですが
足が開いていると、しっかりはまりやすくなり
足が伸びて真っすぐになっていると、
頭がしっかり入りきらなくて
不安定になるんです。
 
 
できることは、
 
① おむつの当て方!
最近は、布おむつを使う人がすごく減りました。
布おむつも、足を開いておく効果は高かったと思うんです。
今は紙おむつになって、足があまり開いていないことが多いです。
その分、しっかり動かせるように、おむつは上の方で留めましょう。
おむつを当てたら、股関節で下肢がしっかり動くか、確認してください。
おむつが邪魔していませんか?
 
しっかり開くこと+しっかり動かせること(キックキックできること)が大切!
 
そしておむつを替えるときにも配慮が必要です。
両足くびを片手でまとめてつかんでお尻をあげるのは、ダメ!!です!
股関節が、ますます緩くなってしまいます!
(緩くなる→抜けやすくなる!!)
お尻の下に手を入れて、そっと持ち上げてくださいね!
 
② 衣服の着せ方!
   これもおむつと同じです。
   足がちゃんとよく動くデザインにしましょう。
   なんと、秋冬に生まれた子どもには、股関節脱臼が多いんです!
   服が厚着だから、と言われています。 
   そんなことで、脱臼するんです!怖いですね…
 
③ 抱き方!
   横に抱っこするときは、必ず股に手を入れて、しっかり開くようにしましょう。
   3ヵ月までの赤ちゃんは、まだ首がしっかりしていないので、
   横抱きにすることも多いと思います。
   おっぱいを飲ませるときも、そうですね。
 
   縦抱きにするときは「コアラ抱っこ」!足をM字にすることが大切です。
   ergoっていう抱っこ紐がありますね。
あれは足がM字にしやすくて、いいと思います。
スリングは、股関節も膝関節も伸ばす姿勢で使用すると、
股関節脱臼の原因となるので、十分注意してください!!
 
④ 向き癖をなおす!
赤ちゃんをあおむけで寝かしていると、いつも同じ方向を向きたがることがあります。
これを「向き癖」っていうのですが、
これがくせ者!!
 
これ、話始めると長くなるので、次回にします(*^^)v
 
今日のお話しは、小児整形外科学会が出している動画を見ると、理解が深まると思います。
早期発見のポイントもわかります!
是非!
 
「股関節脱臼予防と早期発見」アニメーション動画 「赤ちゃんの病気、股関節脱臼」で検索できます。
 
 

股関節脱臼の発生因子

股関節脱臼の2回目です。
 
赤ちゃんの股関節脱臼は、
むかし(1950~1960年代)約1~5%と言われていました。
 
その後1975年から始まった予防活動以降、その数はなんと1/10に減ったのです。
いかに予防活動で防げるかということがわかりますね!
 
具体的な予防活動とは、乳児・新生児健診の徹底、
衣服や抱き方、抱っこ紐などの啓蒙活動です。
 
しかしその後、実はまた少しずつ増えてきているのです。
減ったことで診断する機会が減ってしまい、専門医でないと発見しにくくなってしまったことも
その要因だそうです。
 
なんと、整形外科の教授でも、見落としたことがあるとか…(-_-;)
(これは、その時は外れていなかったかもしれないと言われています…)
 
心配な時は、ちゃんと小児に詳しい整形外科を受診しましょうね!(^^)/
 
さてさて、
DDH(発育性股関節形成不全 以下DDH)の発生因子を、
二つに分けてお話しします。
 
1.生まれる前の要因
 
2.生まれてからの要因
です。
 
1.生まれる前の要因として
 
  ①母胎内環境因子 つまりお母さんの子宮の中が狭かったとか、
       赤ちゃんが変な格好だったとか
 
  ②遺伝 骨盤の形や関節弛緩性など
 
  ③性別 断然女児が多い
 
そして、骨盤位分娩に多いこともよく知られています。
 
2.生まれてからの要因として
 
  ①向き癖
 
  ②抱き方
 
  ③おむつの種類
 
  ④おむつの当て方
 
  ⑤スリングの使用
 
 など、赤ちゃんの下肢の自由な動きを妨げる環境が大きく影響します。
 
スリングについては、「母胎内に似ているので、赤ちゃんが安心する」ということで、
一時すごく流行ったのですが、
これが股関節にとっては非常に危険なのです!
 
そこで0~3か月の赤ちゃんに対しては、
スリングを使用する抱き方を「コアラ抱っこ」ふうに提唱しています。
 
(「スリング 基本抱き」で検索してください!)
 
 
ではでは
健診時に股関節脱臼を疑う所見をまとめますね。
 
1.股関節の開きが悪い(開排制限)
 
2.太もも、鼠径部の皺(しわ)の左右差
 
3.家族に股関節脱臼の既往がある
 
4.女児
 
5.骨盤位分娩(逆子)
 
不安があれば、くれぐれも、小児整形外科の専門医を受診してくださいね!(^^)/

赤ちゃんの股関節脱臼について

こんにちは!
 
小児整形外科疾患 第1回目です
 
 
さてさて新生児期~乳児期の、3大小児整形外科疾患、というのがあります。
1.先天性股関節脱臼
2.筋性斜頸
3.先天性内反足
この3つです。
 
小児整形と言えば、なんといっても股関節脱臼!
今日は股関節脱臼のお話を致します。
 
 
私がまだ若かりし頃、乳児期に見つかる股関節脱臼を
「先天性股関節脱臼」(Congenital dislocation of the hip:CDH)
と習い、出生前に外れると考えられていました。
 
しかし30年くらい前、出生後の環境も大きく関与することから
「発育性股関節形成不全」
(Developmental dysplasia of the hip:DDH)という名称が出現し、
今ではこちらが主流となっています。
この真ん中のDについては、
dysplasia,
dyslocation,
dysplacement,
等、最初は色々使われたようです。
 
なんだか堅い話ですみません。
 
つまり、股関節脱臼の原因として、出生後の環境が大きく関与する、ということです。
生まれたときは外れてなかったのに、
赤ちゃんの扱いが悪いと、外れてしまう、ということ。
これ、重要です!
次回はその原因について、解説します。
 
 
 
 
実は何を隠そう、私も赤ちゃんの時、股関節脱臼(亜脱臼?)だったとのこと。
母は大学病院まで、私を連れて通っていたそうです。
ギプスをはめたとか。
でも大学病院まで通うのが大変で、
途中でやめちゃった (;^ω^)
と聞いています。
おいっ!!
 
そのせいか、いまだに内股歩きです(*´з`)
 
ではまた!
読んでくださってありがとうございます(^.^)