ダウン症児の育児

今日はダウン症の育児に大切なこと
お伝えします(*^-^*)

以下の5つは、ダウン症児がいつも言われる言葉として
教えていただいたものです。

がんばって!

ちゃんとして!

はやくしなさい!

おりこうさんにして!

何度言ったらわかるの!

・・・・・(-_-;)

これはダウン症児ではなくても
子どもたち全般に言えることかも。

がんばって! ではなくて
 何をどう頑張って!と具体的に言いましょう。
 「この宿題を、1ページ頑張ってやってみようね。」

ちゃんとしなさい!  は
 ”ちゃんと” がどんな感じかわかりません…

はやくしなさい!  は
 どれくらいのスピード??
 「今から10数える間に できるかな?」

おりこうさんにして!  って言われても
 ”どうすると、おりこうさんなのか” がわかりません。

何度言ったらわかるの!  って言われても
 僕だって、わかるようになりたい…(/_;)

これでは、ちゃんと伝わらないばかりか

否定的な言葉をたくさん浴びて
 
自分を否定するようになってしまいます。

”自分はおりこうじゃないんだ。 何度言ってもわからない、だめな人間だ。”

そんなふうに感じて育ったら

子どもたちの、あの最高の笑顔が 
消えてしまいます…

現にダウン症児は、成長するにつれ

徐々に笑顔がへり

肩を落とし

背中を丸めて歩くようになる子が多い。

理由は、ダウン症児の身体の特徴でもあるのでしょうが

彼らの心も 全く関係ないとは思えません。

私が考える、
障がい児の育児にとって 大切なこと、
それは

「愛情」はもちろん

「承認」

「笑顔」

これに尽きると思います。

この話はまた別の機会に…

今日も読んでくださって
ありがとうございます!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です