ずりずりずりばい

今日は正常発達の4回目
ずりばいについてお話しします。
 
うつ伏せの姿勢で
両腕を伸ばして、体を支えられるようになると
(on hands・push upが可能になると)
 
まずは後ろに進むことが多いです。
 
でも赤ちゃんは 本当は前に進みたいのです(/_;)
push upの結果、後ろに下がってしまうのですね。
これは生後6か月くらいで 盛んにおこなわれます。
 
 
そして次に、おなかを中心にして、方向転換をするようになります。
 
これをpivot turn(ピボットターン)といいます。
だいたい6~7か月で、できるようになります。
 
このピボットターンは、視覚的な興味から、頭を回旋させ、
頭と体幹が側屈して
頭の重みが、顔の向いている方の上肢に移動し
顔側の肩は内転、後頭側の肩は外転し、
後頭側の肘を伸ばして体を前に押すことで
上半身が回り、下肢はそれについてくるといった感じです。
 
 
その後、肘を使って前に這うようになります
生後7~8か月頃でしょうか。
 
 
これをずりばい(肘ばい、crawling)
と言っています。
 
水泳のクロールに似ているからでしょう(‘;’)
 
でも、ずりばいの仕方はいろいろです。
上肢の動きも、両方一緒に漕ぐタイプと、片方ずつ交互に漕ぐタイプ
下肢の動きでいうと、片方の下肢を交互に引き寄せ、足でも交互に蹴るタイプと
両下肢ともに伸ばしたままで、下肢はまったく動かさないタイプ
片足だけで蹴る子もいます。
 
もちろん、上肢も片方ずつ引き寄せ、
下肢も片方ずつ交互に蹴る経験を積めると
次のステップがスムーズです。
 
脳性麻痺や、二分脊椎など、神経の異常があるとき、
両下肢を強く伸展させていたり、
だらりと伸ばしたままであったりします。
交互に動いていないときは、注意が必要です。
 
左右片方の麻痺がある場合、
上肢の動きに左右差が強く、
それで麻痺に気が付くことも よくあります。
 
さてさて、ずりばいを促したいとき
私はいつも
「まずはおもちゃで横に誘ってくださいね。
おなかを中心に、ぐるぐる回れるようになって、
初めて前に進めるようになります。
まずは横に。」
といって、ピボットターンを促します。
 
 
 
やがておなかを床から挙げて、
 
四つ這い(creeping)が可能となるのです。
これも7か月以降、本格的には8か月から行います。
 
四つ這いの詳しいことは、また次回(^_^)/~

“ずりずりずりばい” への2件の返信

  1. 多和田先生!!今日の港区での講演会、ありがとうございました。後ろの方で、息子や
    同じように療育を頑張っている仲間と参加させていただきました(о´∀`о)感動して、こうして書いてる間も涙が止まりません。。。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

    先生の想いがとてもよく伝わる、あたたかいお言葉、私たち障がい児を支えている家族への心遣い、そして、会場には私以外にも支援する側にいる方も多くいたように思います。

    先生の想いはきっと届いていると思います。私も先生と同じように、「みんなちがってみんないい」世の中になるよう、できることから少しづつ、活動していきたいと、より一層強く思いました。いつも見守ってくださり、本当にありがとうございます。

    1. ありがとうございます! ちっともうまく話せなくて、実はちょっと落ち込んでいました。
      偉そうなことをたくさん言ってしまったけれど、本当に、当事者の皆さんの気持ちを、
      私はちゃんとわかっているのだろうか…却って傷つけたりしていないだろうか…と、自信がなくなっていました。
      コメント、本当にうれしかったです。ありがとうございます。
      これからも、モリさんのコメントを励みに、頑張りますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です