幼児のO脚について

今日は「O脚」のお話です。
 
 
 
O脚 (内反膝ともいいます)とは
 
両膝が外側に彎曲した状態で、
左右の内くるぶし(足関節内果部)をそろえても、
左右の膝の内側(大腿骨内果部)が接しない状態」
 
です。
 
 
赤ちゃんは、O脚のことが多いです。
 
歩き始めるまでは
O脚でもあまり気にならないので
そのことで受診される方は
あまりいません。
 
 
 
 
2歳から6歳にかけて
 
徐々にO脚から
X脚へと 
変化していきます。
 
 
その後、少しX脚も軽減し、
 
7歳くらいで、
大人とおなじくらい
(4°くらいのやや外反)
 
に落ち着きます。
 
 
 
このように、生理的に
 
下肢のかたちは
年齢とともに変化していきます。
 
 
 
しかし
 
1歳半から2歳ころに
結構O脚の目立つ子供さんがいます。
 
 
 
O脚が強いと
 
体を左右に大きく揺らして
不安定で転びやすい。
 
そのうえ
内また歩きになります。
 
 
 
 
保育園で指摘されたり
お母さんや、おばあちゃんたちが
 
不安になって
来院されます。
 
 
 
O脚、と言っても
 
膝で開いているタイプと
 
膝より下、
すねのあたりで一番開いているタイプ
 
の2タイプがあります。
 
 
後者は
 
「下腿彎曲症」
 
といいます。
 
 
 
膝で一番ひらいている 内反膝の場合
 
一番大切なことは
 
「くる病」でないかどうかを
 
見極めることです。
 
 
 
これはレントゲンをとれば
わかります。
 
 
 
そしてもうひとつ
 
「Blount病」という
 
疾患があります。
 
 
これもレントゲンで
わかることが多いです。
 
 
 
ごくまれに、
 
骨系統疾患 という
骨の形成異常をきたす
疾患群があり
 
そのためのO脚のことも。
 
O脚かな?と心配になった時は
レントゲンを撮ることが必要です。
 
 
 
O脚の原因によっては
薬で治る場合や
 
装具治療が必要な場合があります。
 
 
 
もしくる病だった場合、
治療はできるだけ
早く始めたほうがいいです。
 
 
 
必ず
 
整形外科を受診してくださいね!
 
 
 
次回はもう少し
詳しくお伝えします。
 
 
 
 

靴の重要性について

靴について①
 
正常発達についてのお話に引き続き
今日から数回、
靴について
お話ししたいと思います。
 
 
 
 
私、実は
 
靴にはちょっと
うるさいんです(^.^)
 
 
 
 
昨年は
 
名古屋市医師会主催の
「骨と関節の日」市民公開講座で
 
「足と靴の正しい知識
~ずっと歩き続けるために~」
 
という題で
講演させていただきました。
 
 
 
 
 
 
子どもの運動発達
健康な体つくりに
 
靴は  ものすごく
影響を与えます。
 
 
 
私、
 
NPO法人
「子供の足を守りたい WISH」
の副理事でもあるんです。
 
 
 
 
WISHの活動は
 
 
こどもたちの
正しい靴の選びかた
正しい靴の履き方
を、世に広め、
 
学校の健診に
足のサイズ計測を加えてもらうこと!
 
を目標に、
 
幼稚園や、学校、
その他お母さんやこどもたちを集めて
啓蒙活動をしたり、
 
足の計測会をしたりしています。
 
 
 
なぜそこまで、靴にこだわるのか?
 
 
 
2本足で歩くようになった人類にとって
 
身体全体を支える2本の足が
いかに重要であるか。
 
 
 
 
 
足が悪ければ
痛くてたくさん歩けない。
 
歩けなければ
運動不足になって
 
肥満になったり
生活習慣病になったり
 
健康に害があることは
想像に難くありません。
 
 
 
 
それだけでなく
 
足が悪ければ
姿勢が悪くなる。
 
肩が凝る。
腰が痛む。
下肢の他の関節に負担が来る。
 
 
 
姿勢が悪くなると
 
噛み合わせが悪くなる。
頭が痛くなる。
肺活量が減る。
 
 
 
姿勢が悪くなると
 
心が下向きになる
気が滅入る
 
 
 
足元が安定しないと
よく転ぶ。
 
速く走れない。
転ぶから 自信がなくなる。
 
失敗体験が増えていく。
 
挑戦しなくなる。
 
 
 
怪我をする。
骨折する。
 
 
・・・・・・
 
 
 
いかに靴が大切か
 
イメージ出来てきましたか?
 
 
 
 
次回は いよいよ
 
正しい靴の選び方について
 
お伝えしますね!
 
 
お楽しみに(*^-^*)
 
 

ダウン症とX脚から膝蓋骨脱臼⁈

今日は久しぶりの
ダウン症についてです。
 
 
前回股関節の話をしたので
今日は膝のお話をしようと思います。
 
 
 
ダウン症児のように
 
筋緊張の低い
つまり体の柔らかい
子どもさんの場合、
 
立ち始めると
 
膝が後ろに反り返ったり
(これを 「反張膝」 と言います。)
 
 
膝はくっついているのに
足首が離れる、
 
「X脚」
 
が強かったりします。
 
 
これは、
 
関節の緩さと
 
大腿四頭筋
(膝を伸ばす筋肉)
の力が弱いことが
原因です。
 
 
この状態のまま
成長してしまうと
 
 
 
学童期になって
大変なことが起きるんです!!”(-“”-)”
 
 
 
 
それは
 
「膝蓋骨脱臼」
 
 
 
 
お皿の骨が
外に外れてしまうんです!
 
 
 
こうなったら
痛くて動けません
 
膝が動かなくなってしまいます。
 
 
自然に整復されることもあるのですが
 
時々
お皿の骨が割れてしまいます…
 
 
つまり骨折です。
 
 
 
 
習慣性に 外れたり もどったり
する場合もあります。
 
 
 
 
どちらも根本的な治療は
手術です。
 
 
こうならないために
どうしたらよいか?
 
 
 
反張膝や
X脚を
作らないことです。
 
 
そのためには
 
まずは大腿四頭筋を鍛えること!
 
 
膝の筋肉をしっかり使った
立ち上がり動作や
 
階段昇降も有効ですね。
 
また、
 
膝を曲げる使い方を
浸透させるためにも
 
四つ這い移動をしっかり経験しておくこと!
 
 
 
そして
 
反張膝を防ぐために
 
歩き始めは
靴はハイカット
+足首の後ろ部分にクッションをつけて
膝を前に出す工夫をします。
 
 
X脚は、扁平足によって
さらに悪化しますから
 
扁平足もちゃんと直す!
 
そのためのインソールも使用する!
 
 
 
「先のことを考えながら
運動発達を促す」
 
 
これが本当に大切です!
 
ではまた(^^)/
 
 

脳性麻痺の装具:短下肢装具 足首が動くタイプと動かないタイプの違いについて

 
 
今日は
私の得意分野である
装具について 
お話ししてまいります(*^-^*)
 
 
脳性麻痺の子どもたちが
一番よくつけている装具と言ったら
 
これでしょうか?
 
 
プラスチック製製短下肢装具
 
 
Molded Ankle Foot Orthosis
(MAFO)と略します。
 
 
これは大まかに2種類あります。
 
足首が動くものと、動かないもの
 
この2種類です。
 
 
 
どういった患者さんに、
どちらのタイプを使うのか?( ;∀;)
 
 
 
それを知ることで
 
どんな場面で使用するとよいかが
わかってきます。
 
 
 
 
私の場合、
 
関節が動かないタイプは
 
足や足首の形を整えたり
変形の進行を防いだり
足を保護する目的で
作ります。
 
 
主に夜間に使用していただきます。
 
 
重度の麻痺で、
立つ練習が難しい方には
 
日中も使ってもらいます。
 
 
変形が強くて
骨が突出しているような方は
 
どこかにぶつけて
傷を作るのが怖いですから
 
しっかり保護するように作ります。
 
 
 
一方、
 
足関節が動くタイプのMAFOは
 
立位や歩行練習用に
作製することが多いです。
 
 
 
足に体重をかける練習をしたいとき、
 
足くびが動くことで
荷重を促しやすくなるんです。
 
 
 
腰かけ姿勢から
立ち上がるとき
 
あなたも足を引き込みますよね?
 
足首が90度のままだと
立ち上がりにくいです。
 
 
だから背屈(足が上に曲がる)が
できる方がいいんです。
 
 
歩く時も
 
足が背屈できるほうが
自然に歩けますよね?
 
 
 
ということで、
 
足首の曲がるMAFOは、
立つ練習、歩く練習にも使います。
 
 
でも夜間にも使えるし、
変形を防ぐ効果も十分あります。
 
 
 
履かせ方のコツですが
 
足首を先に
しっかり背屈させておくこと!
 
そのためには
 
膝をしっかり曲げることがポイント!
 
 
膝を曲げると
足首が背屈しやすくなります。
 
 
しっかり背屈させた足を、
装具の足底面に沿って
奥に進めていく。
 
 
 
しっかり奥まで入ったら
 
足首のベルトからしっかり締める
 
 
そのあと
残りのベルトを締めます。
 
 
これでMAFOはばっちりですね!(*´▽`*)