ダウン症児の股関節脱臼

今日はダウン症児の股関節脱臼について
お伝えします!

ダウン症児は低緊張で
関節弛緩があって
そのため、いろいろな関節が緩い

もう何度もお伝えしましたね。

股関節も やっぱり緩いんです。

「足のつけ根あたりで、
コキコキ音がするんです。」

お母さまがこう言われたら
要注意!!

股関節脱臼の可能性が。

脱臼したら
さすがに痛くて
わんわん泣くでしょ…(/_;)

いえいえ
泣きません。

痛くないんです。これが。

関節の袋が広がって
中で足のつけ根の骨(骨頭)が、
ぐらぐら動いて

コクって 骨盤のくぼみから出てしまう。

これが脱臼です。

健常の私たちが
股関節脱臼するとしたら
交通事故くらいの大けがで

そりゃあもう、
想像できない痛さだと思います。

ダウン症児の股関節脱臼は
赤ちゃんの股関節脱臼とも違うんです。

赤ちゃんの脱臼は、臼蓋形成不全(骨盤のくぼみが浅い)を伴うのですが
ダウン症児の場合、これはないんです。

臼蓋の傾きは強くないけど
臼蓋の後ろは浅いようです。

これはレントゲンではわかりにくい。

股関節を深く曲げると
骨頭が後ろに外れます。

歩いているときに、
カクカク外したり、入れたりする子も(‘;’)

ただ、そんな状態が続くと
大人になってから
股関節の痛みで
歩けなくなることも。

いわゆる「変形性股関節症」を
起こすのです。

さてさて

ではどんなことが
ダウン症児の股関節脱臼の原因になるのでしょう?

それは次回に!
これ、絶対知っていてほしいです!

短下肢装具:プラスチック製と支柱付きの違いについて

今日は短下肢装具の中でも
先日お伝えしたMAFOと、
支柱付き短下肢装具(靴型装具つき)との違いについて
お伝えします。

支柱付き短下肢装具とは

しっかりした革の靴
(靴型装具)に
金属製の支柱がついていて
膝の下にベルトがついているものです。

今日は、これと
MAFO(プラスチック製短下肢装具)
との使い分けについて
お伝えしますね!(*^-^*)

1番め

これ、重いです。(-“-)
でも重いからこそ、いいこともあるんです。

重いと安定します。
だから立位が安定する。

失調タイプの、不安定性がある患者さんには
特に有効です。

2番め

足の変形が強いとき
MAFOでは装具に当たって傷を作りやすく、
外反や内反、尖足などの
変形のコントロールが難しい…”(-“”-)”

でも支柱付きだと
靴型装具の中に、
しっかりしたインソールを作れるし

靴のカウンターが支えてくれ
支柱でさらに靴ごと傾くことを防げるので
変形があっても
足をまっすぐに立たせやすいんです。

もうひとつ
支柱付きのよいところ

それは、

足関節の角度調整が自在であること。
底屈だけでなく、背屈角度も制御できるんです。

MAFOはそうもいきません。

背屈フリーか、まったく動かないか、
そのどちらかが多いですね。

ですが、MAFOの方がいいことも
もちろんあります。

支柱付きは、重いので、
歩く、という動きの中では
不利な点があります。

重い靴を履いた、重い足を
前に振り出すときに
体を大きく左右に振らなくてはいけなくなって
バランスを崩すことも。

その患者さんには、
どちらが有効か、

この見極めは
結構難しいです。

今日はここまで(^.^)

読んでくださって
ありがとうございます。