後医は名医

今日は
”後医は名医”って話をします。
先日、すごーく久しぶりに来てくれた、
患者さんの話です。

以前はうちのクリニックにも、通ってくれていた患者さん。

座ることはできるけど、まだ歩くことはできない、

小学校低学年の男の子です。

おしゃべりは、できません。

先日、久しぶりにクリニックに受診され、

母曰く、
「昨日から右手を使わなくなった」とのこと。

学校、デイサービスが終わって、帰宅してから

右手を動かそうとしないので、

普段リハビリをしている病院を受診し、

肩のレントゲンを撮ったけれど

特に異常なし。

でも、次の朝、やっぱり動かそうとしないし

肘あたりが 腫れてきた気がする…

ということで、うちに受診してくださいました。

最初、話を聞いて、

「肘内障かな?」

と思いました。

肘内障にしては、少し腫れが強いような…

でも内出血もありません。

肘内障なら、徒手的に整復するところですが、

念のため、先にレントゲンを撮りました。

肘から前腕のレントゲンです。

あっ!!(;゚Д゚)

前腕には2本骨があるのですが、

そのうちの一本が、

真っ二つに折れている…(+_+)

こういうことって
よくあるんです。

ここで注意点です。

痛みを訴えない子どもさんの場合、

使わない、動かさないということは

すごく大切な、異常を見極めるサインです。

でも、どこが悪いのか、

見極めるのは、簡単ではありません。

怪我したばかりだと、

腫れもはっきりしないことも。

痛いと言ってくれないから、

そぶりで判断するしかない。

関節一つ一つをばらばらに、丁寧に動かして、
どこで一番嫌がるかを、見極める。

無理に動かしたらだめです!
あくまでもゆっくり、愛護的に
患者さんの表情や、動きを感じながら。

これが一番ですが、結構難しい。

私は療育センターで、長い間仕事をしていましたが、

療育センターでは、月に2回しかレントゲンが撮れません。

だから、ことばを話せない子どもに
急に動かさないなど、異常があった場合

レントゲンに頼ることができず、

どこが悪いのか、
診察である程度、絞り込んで、

近医でレントゲンを撮ってもらう必要がありました。

そのおかげで、ていねいに理学所見(診察のことです)を取る癖がつきました。

ですが、今回の場合、そのおかげで発見できたというよりは、

ただ単に、

受傷後時間が経って、腫れてきたこと
前医のレントゲンで、肩は異常がなかったとのこと

この2つがあったからこそ、骨折を発見することができたんです。

結局、後で診る方が、ヒントがたくさんになっている。

だから正しい診断に、結び付きやすいんですね。

”後医は名医”!(^-^;

なので皆さん。

別に最初に見た医師が悪いのではなく

後からみた医師の方が、診断が容易だということ

忘れないでくださいね。

 
それから、

最初に診てもらって、異常がないと言われても

「やっぱりおかしい…」と思ったら

必ずもう一度

受診してくださいね!

最初の医師でも、他の医師でも構いませんから。

最後に、

うちでリハビリしていなくても

うちを頼って受診してくれて 嬉しかった。

ありがとう!(*^▽^*)

今日も読んでくださって
ありがとうございます!

皆さまは お怪我されませんように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です