ダウン症の発症頻度

こんにちは!
今日はダウン症の発症率についてお話しします。
 
ダウン症児の生まれる確率は、出生1000~700に対し1名くらい
と言われています。
最近は、女性の出産年齢が高くなったことが影響し
出現率が高くなったと言われます。
特に東京などの都会では、その傾向があるようです。
 
また、医療技術の進歩も、この増加を加速しています。
心疾患など、重篤な合併症を持ったダウン症児も
ちゃんと生まれることができるようになった、ということですね。
 
 
今、さらっと言いましたが、
出産時の年齢が高くなると
さまざまなリスクが発生します。
その一つが、子どもの染色体異常です。
 
染色体異常の発症する頻度は、
日本では全体で約200出生に対し1人です。
つまり1学年5クラスくらいの学校では、一学年に1人いる計算です。
出産時の年齢が40歳以上では、なんと50人に1人の発症率です。
 
ダウン症においては、
45歳以上の母から生まれたこどもの
30人に1人がダウン症、と言われています。
 
思っていた以上に多いのではないでしょうか?
 
 
ちなみに
 
宝くじに当たる確率 1等 1,000万分の1
パチンコで大当たり    400分の1
四葉のクローバー発見   10,000分の1
65歳で心筋梗塞発症    約100人に1人
 
だそうです…(-“-)
 
染色体異常のBabyが生まれるって
ぜんぜん珍しい事じゃないって 感じませんか?
 
ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です