熱中症に注意!

こんにちは
 
まだまだ暑い日が続いています。
大人もこどもも、熱中症には十分注意が必要です。
特に障害をお持ちの子どもさんは、体温調整が上手にできず、熱がこもりやすい子がたくさんいます。
自分で症状を訴えられなかったりするので、周りが十分すぎるくらい、気を付けてあげましょう。
 
いつもより元気がない ぐったりしている だるい
いつもより体温が高い
食欲がない
おしっこがあまり出ていない
気持ちが悪い 嘔吐する
頭が痛い
などなど
初期症状はさまざまです。
 
熱をこもらせないために
バギーに載せて長く屋外を移動するのは危険です!
アスファルトからの熱で、ものすごく暑いのです。
 
でもどうしても外出しなければならないときは、
短時間、バギーで出かけるわけですが
 
中にはバギーの背もたれ部分に、扇風機を内蔵している人もいます。
 
これ、グッドアイデアですね!
 
それから首の後ろには、冷凍庫で凍らせたゲル状の保冷剤、
(ドラッグストアにいろいろありますね!)
これも必須です!
 
実際に熱がこもってしまったときは
大きな血管が体表近くを流れてるところを、保冷剤や氷で冷やします。
 
(氷はビニール袋に水と氷を入れて、口をしっかり縛ったものが冷やしやすいです。)
 
場所はわきの下、足のつけ根(股関節)、くびなどです。
 
電解質バランスの良いドリンクを飲ませ
(ゼリー状のものが飲ませやすいかも)
(これは子どもさんが飲めるものを事前に準備しておきましょう!)
 
飲んでくれない、おしっこが半日出ていないようなら、
すぐ主治医に相談を!
 
早く涼しくなってほしいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です