赤ちゃんの股関節脱臼を予防する

今日は股関節脱臼の予防について、お伝えします(^^)
 
前回、股関節脱臼の危険因子についてお伝えしました。
結局大切なことは、
足の動きを妨げないこと!
そして向き癖をつけないこと!
 
遺伝とか、女児とか(当たり前!!)は、自分ではどうしようもないし、
おなかの中にいるときの環境を変えることもできないし、
逆子にしないっていうのも、そんな簡単なことじゃないですから。
 
さてさて、そもそも股関節が安定する(つまり外れない)姿勢って
どんな姿勢でしょう??
 
股関節は、骨盤にある「臼蓋」という部分、
これは真ん丸にえぐれた穴みたいな形です。
ここに大腿骨(太ももの骨)のまん丸の頭が
ポコってはまっているんです。
 
臼蓋は、斜めに開いているので、
大腿骨の頭は、斜め外からこの穴にはまるのですが
足が開いていると、しっかりはまりやすくなり
足が伸びて真っすぐになっていると、
頭がしっかり入りきらなくて
不安定になるんです。
 
 
できることは、
 
① おむつの当て方!
最近は、布おむつを使う人がすごく減りました。
布おむつも、足を開いておく効果は高かったと思うんです。
今は紙おむつになって、足があまり開いていないことが多いです。
その分、しっかり動かせるように、おむつは上の方で留めましょう。
おむつを当てたら、股関節で下肢がしっかり動くか、確認してください。
おむつが邪魔していませんか?
 
しっかり開くこと+しっかり動かせること(キックキックできること)が大切!
 
そしておむつを替えるときにも配慮が必要です。
両足くびを片手でまとめてつかんでお尻をあげるのは、ダメ!!です!
股関節が、ますます緩くなってしまいます!
(緩くなる→抜けやすくなる!!)
お尻の下に手を入れて、そっと持ち上げてくださいね!
 
② 衣服の着せ方!
   これもおむつと同じです。
   足がちゃんとよく動くデザインにしましょう。
   なんと、秋冬に生まれた子どもには、股関節脱臼が多いんです!
   服が厚着だから、と言われています。 
   そんなことで、脱臼するんです!怖いですね…
 
③ 抱き方!
   横に抱っこするときは、必ず股に手を入れて、しっかり開くようにしましょう。
   3ヵ月までの赤ちゃんは、まだ首がしっかりしていないので、
   横抱きにすることも多いと思います。
   おっぱいを飲ませるときも、そうですね。
 
   縦抱きにするときは「コアラ抱っこ」!足をM字にすることが大切です。
   ergoっていう抱っこ紐がありますね。
あれは足がM字にしやすくて、いいと思います。
スリングは、股関節も膝関節も伸ばす姿勢で使用すると、
股関節脱臼の原因となるので、十分注意してください!!
 
④ 向き癖をなおす!
赤ちゃんをあおむけで寝かしていると、いつも同じ方向を向きたがることがあります。
これを「向き癖」っていうのですが、
これがくせ者!!
 
これ、話始めると長くなるので、次回にします(*^^)v
 
今日のお話しは、小児整形外科学会が出している動画を見ると、理解が深まると思います。
早期発見のポイントもわかります!
是非!
 
「股関節脱臼予防と早期発見」アニメーション動画 「赤ちゃんの病気、股関節脱臼」で検索できます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です