斜頸の直し方

前回、斜頸についてお話ししました。
 
 
では、先天性筋性斜頸であった場合、
どんなふうに治療するのでしょう??
 
 
 
まずは
 
斜頸枕!
 
 
 
斜頸が強いと、赤ちゃんは 
上を向いて寝ることがなく、
 
常に同じ方向ばかり向いてしまいます。
 
 
 
赤ちゃんの頭蓋骨は、まだ柔らかいので、
 
下になっている方の頭が
ぺしゃんこになってしまいます(+_+)
 
そうなると、その形のせいで、
ますますそちらに向いてしまう。
 
 
 
その悪循環を断ち切るため
 
タオルを折ったものや、
ドーナツ枕など
 
向いてしまう方の頭の下に入れて
正面を向かせるのですが、
 
 
そう簡単にはいきません。
 
 
身体ごと、向き癖と反対を向かせるように
布団を身体の下に左右の半分入れるとか。
 
 
それでもなかなか難しい・・・(+_+)
 
 
 
その場合、
 
大きなスポンジの塊を、
頭の形に削って
枕を作るんです。
 
これが
 
「斜頸枕」です!
 
 
 
これ、とっても有効です(^^)/
 
 
ちゃんと正面を向いてくれます。
 
 
ただし!
 
 
寝返りするようになったら
脱出してしまうので
 
もう使えません・・・(;^ω^)
 
 
 
 
もう一つの方法として
 
赤ちゃんができるだけ自分で
反対側を向こうとするように、
工夫します。
 
 
 
たとえば、
 
おかあさんなど、家族は、 
向き癖の反対側に寝る!
 
抱っこや 授乳の向きも考える!
 
おもちゃであやすときも、反対側から。
 
 
 
そんなことをしながら 
 
ストレッチもします。
 
 
無理なく
ゆっくり
少しずつ
 
首の向きを誘導します。
 
 
これはちょっと怖いかもしれませんね。
 
 
しっかり専門医の指導の下に
行いましょう!
 
 
3か月頃からは
 
うつ伏せにするのも効果的です。
 
 
うつぶせの時間が増えると
頭の形も改善しやすくなります。
 
 
 
ただし、
 
首がしっかり座るまでは
お母さんの目の届く時だけにしてくださいね!
 
 
次回は、斜頸の影響について
お伝えします。
 
今日も読んでくださって
 
ありがとうございます(*’▽’)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です