「障がいを持った子どもたちのために、私たちのできること」講演

10月1日

昨日は台風の中、講演を聴きに来てくださった皆さん。
本当に、ありがとうございました。
思うように話せず、お聞き苦しい点も多々あったかと思います。

暴風警報が 講演直前に発表されたにもかかわらず、
最後まで、どなたも席を立たれることなく
聴いてくださったことに
心から感謝します。

メルマガを始めて、2カ月がたちました。

応援してくださる、たくさんのお声をいただき

ここまで来ました。

「障がいを持った子どもたちのために、私たちのできること」

この演題での講演も終わり

少々放心状態です。

整形外科や、リハビリテーションにかかわる講演は

何度か していますが、

こういった、自分の考えを伝える講演は、初めてで

普段あまり深く考えず

日々の診療に追われている自分にとって

なんだか 試されているようで

不安の伴う 挑戦でした。

でも

やっぱり

挑戦してよかったな と思います。

障がいについて、

普段 特別考えたことのない自分の頭の中が

文字に表すことによって

顕在化し、

整理できたような気がします。

最初に講演依頼をもらったとき

本当に、何を話したらいいのか

さっぱり思いつきませんでした。

でも

話すと決めたとたん

あれも伝えたい
これも伝えたい

聴いてくださる方に

普段のお礼として

この言葉もプレゼントしたい!

この知識もプレゼントしたい!

どんどん湧いてきて

あっという間の45分でした。

うまく話せたら、

You tubeに挙げて

メルマガを読んでくださっている皆さんに

聴いて戴こうと思っていましたが、

(-_-;) (-_-;) (-_-;)

ビデオを見直して

表に出せるものか

考えてみます。

私のブログに 今日の感想のコメントをくださったモリさん

本当に ありがとうございます!

すごく嬉しかったです。

よろしければ、皆さんも
読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です