ダウン症児の運動発達の特徴:始歩

ノーベル医学生理学賞、
日本人の 本庶佑教授が
受賞されました!

がんの治療で最先端の
がん免疫療法
オプジーボを開発した方です。

すごい…!!

日本人って、本当にすごいですね!

世界に誇れる(*^▽^*)

なんだか
すごく嬉しいです。

そして
本庶先生の言葉が、
また素晴らしい!

「あんたの薬のおかげで元気になれた」と言われるのが
どんな賞よりも 喜び

素敵ですね。

でも
本当にそうだと思います。

医者なんて 多分きっと
患者さんの喜びの声を聴くことが
何よりの生きるエネルギー、
頑張りの報われる瞬間です。

まあ、どんな仕事も
そうですよね。

さて今日から、ダウン症児の運動発達の特徴について

少しずつ お話しします。

ダウン症児は低緊張って話は
以前にしましたね。

低緊張なために、運動発達は皆ゆっくりです。

一般的に、健常な赤ちゃんの始歩は
1歳ごろです。

ダウン症児の場合、

私が説明するときは

「だいたい2歳代で歩けるようになる子が多いですよ。」

とお話しします。

2歳の前半の子もいますが

3歳前の子もいます。

中には6歳で、やっと歩くようになった子も。

大きな合併症、例えば

 重度の心疾患とか
 てんかんとか
 脳性麻痺など

それらを合併していなければ

ほぼ100% 歩けるようになります。

だから心配しなくて大丈夫‼(*^-^*)

始歩は早ければいいと思いがちですが

そんなことはないので

焦らない(^.^)
焦らない(^.^)

運動獲得の速さではなく、
運動の質が問題です。

ただ、4歳以上までなかなか歩けるようにならなかった場合、

筋緊張の低さが かなり強い場合が多いので

その後の整形外科的合併症には

注意が必要です。

 
これから少しずつ

運動の質の話もしていきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です