幼児のO脚について

今日は「O脚」のお話です。
 
 
 
O脚 (内反膝ともいいます)とは
 
両膝が外側に彎曲した状態で、
左右の内くるぶし(足関節内果部)をそろえても、
左右の膝の内側(大腿骨内果部)が接しない状態」
 
です。
 
 
赤ちゃんは、O脚のことが多いです。
 
歩き始めるまでは
O脚でもあまり気にならないので
そのことで受診される方は
あまりいません。
 
 
 
 
2歳から6歳にかけて
 
徐々にO脚から
X脚へと 
変化していきます。
 
 
その後、少しX脚も軽減し、
 
7歳くらいで、
大人とおなじくらい
(4°くらいのやや外反)
 
に落ち着きます。
 
 
 
このように、生理的に
 
下肢のかたちは
年齢とともに変化していきます。
 
 
 
しかし
 
1歳半から2歳ころに
結構O脚の目立つ子供さんがいます。
 
 
 
O脚が強いと
 
体を左右に大きく揺らして
不安定で転びやすい。
 
そのうえ
内また歩きになります。
 
 
 
 
保育園で指摘されたり
お母さんや、おばあちゃんたちが
 
不安になって
来院されます。
 
 
 
O脚、と言っても
 
膝で開いているタイプと
 
膝より下、
すねのあたりで一番開いているタイプ
 
の2タイプがあります。
 
 
後者は
 
「下腿彎曲症」
 
といいます。
 
 
 
膝で一番ひらいている 内反膝の場合
 
一番大切なことは
 
「くる病」でないかどうかを
 
見極めることです。
 
 
 
これはレントゲンをとれば
わかります。
 
 
 
そしてもうひとつ
 
「Blount病」という
 
疾患があります。
 
 
これもレントゲンで
わかることが多いです。
 
 
 
ごくまれに、
 
骨系統疾患 という
骨の形成異常をきたす
疾患群があり
 
そのためのO脚のことも。
 
O脚かな?と心配になった時は
レントゲンを撮ることが必要です。
 
 
 
O脚の原因によっては
薬で治る場合や
 
装具治療が必要な場合があります。
 
 
 
もしくる病だった場合、
治療はできるだけ
早く始めたほうがいいです。
 
 
 
必ず
 
整形外科を受診してくださいね!
 
 
 
次回はもう少し
詳しくお伝えします。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です