ダウン症と肥満

今日は、ダウン症と肥満について
お話しします。

ダウン症の子どもさんは、
身長は低めで
小学校の高学年くらいから
ぽっちゃりする子が
とっても多いですね。

これについては、いろいろ説があるようです。

家庭内の食生活、とか

運動不足、とか

遺伝的素因とか。

でも、どうもそれだけではなく
ダウン症の遺伝子レベルの内分泌異常が
影響している、と

私の友達の小児科医が言っておりました。

一生懸命減量しているのに
ちっとも体重が減らない…

といった悩みを よく耳にするのは
そのためかも知れません。

でも、ダウン症児が全員肥満になるわけではありません。

すっごくスマートなダウン症の青年も
何人も
私は知っています。

さてさて、肥満になると

糖尿病や高血圧と言った、
内科的な問題が起きることはもちろん

整形外科的にも、ろくなことはありません。

30代~40代のダウン症の患者さんで
何人か、
当院にも来院されています。

膝の痛み、股関節の痛み、など
整形外科的な悩みで受診されるかたは
みな太っていらっしゃる。

肥満は 変形性膝関節症など、
老化ともいえる病態が
早くに起こってくるリスクになります。

ダウン症の場合、それ以外にも
膝蓋骨脱臼であったり
外反扁平足からくる足の痛みであったり

もともとの形態異常が関与して
さまざまな骨関節の痛みに
繋がる可能性があります。

では肥満を防ぐには どうしたらいいのでしょう??

私が思うに、

①子どものころから、運動の習慣をつける!

②楽しみ、夢中になれることを見つけておく!

③たくさん歩ける、良い足、良い膝、良い股関節を育てる!

と言ったことが、大切ではないかと。

①が大切なことは、想像に難くないと思います。

②は、いろいろ患者さんとお話ししていると、
「おやつが何よりの楽しみ!」
なーんていう子もいて、

そうなると、減量なんて 可哀そうで、できません。(/_;)

なかには、小さいときから
「この子(ダウン症児)が 不憫で…」
と言って、

美味しいものを食べさせすぎる
ご両親とか、祖父母さまとか。

これは本当に困ってしまいます。

食べさせすぎることが、
どんなにその子にとって不幸なことにつながるのか

わかってほしいです・・・ (~_~;)

そして③番!

整形外科の私にできる、
たった一つがこれなんです。

だから、
「ダウン症はこんなもの」
と言って、

扁平足の治療をしない医者がいるのは
許せない!

扁平足は、外反母趾の原因にもなり、

どちらも足の痛みや疲れやすさの原因となり

将来的な 肥満にも結び付くことを
知って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です