股関節脱臼の治療:Rb法

股関節脱臼の治療について
お話しします。

生後3~5か月頃
股関節脱臼或いは亜脱臼、臼蓋形成不全のある場合

”リーメンビューゲル(Rb)” という
ベルトをはめます。

このRb法、1957年に、チェコスロバキアのDr.Pavlikが発表したものですが、

これが本当に画期的な治療法なんですね!!

 
というのは、それまでの脱臼の治療は

「はめて、ギプスでがっちり固める」

という方法が主流でした。

これ、主にLorenz法というんですが、

このLorenz法だと、脱臼が直ってから

なんと骨頭が死んでしまう!(骨頭壊死)という合併症が

非常に多く起きていました。

脱臼整復操作や、固定している間に、
骨頭への血流が阻害されるのでしょう。

これでは脱臼が直っても、
次の試練が待っています…((+_+))

ところが、Rb法では、骨頭壊死がほとんど起きない!
と言われています。

「下肢を動かすことによる筋力作用で、自然整復される」

すごい方法ですね!!

うちのクリニックでも、
RB法を行っています。

つけ始めてしばらくは、
ベルトを外せません。

その間、お風呂に入れられないので
クリニックでからだ拭きをします。

週に2~3回、通っていただくのですが

これが私たちには とても楽しみ(*^^*)

赤ちゃん 可愛いんですもの…(^-^;

不謹慎ですね スミマセン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です