つかまり立ちについて

つかまり立ちについて、
お話しします。

四つ這いで移動できるようになると、
今度は机の上のものが気になります。

机の上の、美味しそうなお菓子であったり

おもちゃであったり

お母さんのスマホであったり…

机の上は、魅力満載!

だからなのか、

ただ立ちたいという本能なのか、

あかちゃんは、机によってきて

たちあがろうとします。

このとき、一番必要な筋肉は何でしょう?

四つ這いの格好から、骨盤をぐっと縦にする。

そうです。 お尻の後ろの筋肉!!

足の筋肉ではなく、

まずは大殿筋など

股関節を伸展させる筋肉が働いて

骨盤が立ち上がる!

そして腹筋で下腹を持ち上げる(ひっこめる)

これで膝立ちの格好を取り

机やソファの上に載せた
上肢の力も借りて

片方の股関節を曲げて膝を前に出し

足の裏を床につけ

膝を伸ばす力(大腿四頭筋)で立ち上がり

もう片方の足を床に着ける

これが
一番多い、つかまり立ちのパターンです。

バリエーションはさまざまです。

上肢のチカラで机にもたれかかり、
両足同時に床につけて立ってしまう子もいます。

両下肢一緒に立ち上がるのは
脳性麻痺児に多いパターンです。
要注意!
これは余談です。

さてさて
それまで四つ這いの姿勢では、

股関節を曲げる筋肉と、伸ばす筋肉が

曲げる筋肉の方が強めに働いて

平衡を保ち、

抗重力位に保っていたわけです。

四つ這い位から 骨盤を起こしていくとき

今度は股関節を伸ばす筋肉(大殿筋)が、

曲げる筋肉(腸腰筋)よりたくさん働かなければなりません。

それが十分でないのに
気持ちだけ立ち上がりたくなってしまうと

骨盤は十分に立ちあがらず

胴体を反らせて、体を起こそうとします。

このとき、腸腰筋の作用で、

腰椎は前に引っ張られ

腰椎前彎を強めてしまいます。

腰をそらせた姿勢ですね。

下部腹筋も弱かったりすると
これが顕著に出るわけです。

低緊張の子どもさんに多い姿勢です。

ちなみに

四つ這い動物は、あまり立ち上がりませんから

腰椎の前彎がありません。

人間は、立ち上がることによって、

腰椎の前彎ができました。

これが実は、腰痛の原因!!

過度な腰椎前彎は

将来的な腰痛に結びつきます!!(‘;’)

ということで、
動物には、腰痛はないのだとか。
(直接彼らに聞いたことはありませんが…(-_-;))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です