先天性内反足

小児整形外科疾患のなかで、

生まれてすぐ、乳児期に治療が必要な、
3つの疾患

それが

① 股関節脱臼
② 先天性内反足
③ 筋性斜頸

です。

①は、もう皆さん おなかいっぱいだと思うので

今日から、やっと ②番です。

先天性内反足は、生まれてすぐに、すぐわかります。

これって内反足??

って
迷うような場合

大抵は、先天性内反足ではありません。

足が内側に向いているだけではなく

尖足を伴い、

簡単には元の形に戻りません。

病気の基本は
 
①足の変形
②軟部組織の短縮・拘縮
③成長障害

この3つからなり、

足の変形要素として

① 内反(足の裏が内側を向く)
② 内転(足の先が内側を向く)
③ 尖足(足が下を向いている)
④ 凹足(足の裏がへこんでいる)

この4つからなります。

原因は不明

頻度は約1000人に1人、と言われています。

両足のことが多いのも特徴です(約半数)。

産科の先生から、ご紹介いただくことが よくありますが、

真の先天性内反足だったのは、開業してからまだ一人だけです。

これはすぐに治療しないといけない病気です!

続きは次回に…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です