潮風の電話

先日、中日新聞に
「潮風の電話」という記事が載っていました。

亡くなった大切な人と、電話で繋がるための
公衆電話です。

これは岩手県にある
「風の電話」をまねて作られたとのこと。

「風の電話」は、

東日本大震災で他界されたかたへの思いを
遺族が伝えるため、
岩手県に設置されている
電話ボックスです。

この記事を読んで、

私は、

私が出会い、

関わらせていただいた、

たくさんの

お亡くなりになった患者さんのことを
思いだしました。

重度の脳性麻痺で、
ことばは話せないし、座ることもできないRしゃん。

診察のたびに、わーわー泣いて

あんなに慣れてくれない子も少ないくらい(/_;)

でも、音楽療法の発表会では

母の膝に抱っこされ

母と一緒に めちゃめちゃな笑顔で、
太鼓をたたいていました。

母も
Rくんを、溺愛していました。

アテトーゼの脳性麻痺で、
首もしっかりしていなかった Kちゃん。

そのうえ全盲で、
顔も見えないのに

声を掛けると、私とわかってくれて

「先生、だいすきだよ~!」

いつもそう言ってくれました。

 

痙直型四肢麻痺のSくん

いつも笑顔でニコニコだった。

前々日まで、クリニックに訓練に来てくれて
いたのに

突然 デイサービスで

窒息…

生まれながらの筋肉の病気で

ずっと車いす生活で 

でも

成人式を迎えられたことを、
母とお祝いし、

障がい者スポーツ「ボッチャ」では
海外遠征も。

そしてなんと1位!

金メダルと一緒に、写真も撮りました(^^)/

私の大学の講義にも 来てくれて

医者の卵の学生さんの前で

「将来の夢は、東京パラリンピック」

そう言っていたDくん。

たくさんの死と 直面するたびに
私が思うことは

障がいを持った子どもたちは、

毎日、精一杯生きていて

予備能力がすごく少ないということ。

毎日見ていると

つい当たり前のように 思ってしまうけれど

そうではないということ。

ぎりぎりで生きています。

極端な話、

SaO2(動脈血中の酸素飽和度)が
普段から、すごく低い子もいる。

最初にその値を見ると、
びっくりしてしまうけれど、

慣れてくると なんとも思わなくなってしまう。

でも実際は、その子は決して楽なわけではなく、

ぎりぎりで頑張っているのです。

それを常に頭に置いておかないと、
大変なことになります。

私は小児科医でも、内科医でもなく、

悔しいけれど、

その子たちの命を救ってあげることができません。

だからせめて、

少しでも楽に、長く、楽しく

生きられるように、

シーティングを工夫したり

装具を作ったり

リハビリを考えたりしています。

それしかできません。

毎日、クリニックで

子どもたちを

一期一会の気持ちで

迎えています。

今日会えたことは、

あたりまえではない。

今日も会えて、本当に嬉しい(*’▽’)。

ありがとう!

そう思って、日々診療しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です